『グランツーリスモ7』好評発売中
最新情報
これまでの公開情報
製品情報

最新情報

SIE新作発表会「State of Play」で公開された『グランツーリスモ7』の全貌

世界中の60以上の自動車ブランド、400車種以上のクルマを収録

身近な市販車にとどまらず、希少なクルマや伝説のレーシングカーなど、多くのクルマを収録しドライブできるというシリーズのDNAは、『GT7』でも受け継がれています。今作では、じつに60以上の自動車メーカー、400車種以上のクルマを収録。それらはオンラインによるアップデートによって順次、追加されていきます。

34ロケーション、97レイアウトのコースを収録

レースやイベントの舞台となるコースは、実在コース、架空のオリジナルコースあわせて34ロケーション、97レイアウトを収録。「トライアルマウンテン」「ディープフォレスト」「ハイスピードリンク」といったシリーズ伝統のサーキットも最新のテクノロジーによって復活しています。クルマと同様、コースにおいても、オンラインアップデートで順次追加される予定です。

カーリゾートをイメージした世界を冒険

今作では「グランツーリスモ」シリーズではおなじみのマップ画面が復活。マップは“カーライフを楽しめるリゾート地”をイメージしてデザインされており、ゲーム中はあらゆるフィーチャーに直接アクセスできるメニューの役割を担っています。この世界でプレイヤーが最初にやることは、与えられたクレジットでコンパクトカーを購入すること。それを足がかりとして、レースや各種イベントに挑戦して獲得したプレゼントカーに乗り換えたり、稼いだクレジットでクルマをアップグレードしながら、ゲームを進めていきます。プレイヤーの家に相当し、クルマの乗り換えやチューニングが行える「ガレージ」を拠点に、おもいおもいにカーリゾートを冒険しましょう。

自然とクルマの歴史や文化に触れられる「カフェ」

本作のゲームプレイの中心になる存在が「カフェ」です。カフェでは、さまざまな課題が書かれた“メニューブック”を受託し、プレイヤーは、それに沿ってカーリゾートの世界を探検していくことになります。柱となるのは、おもにカーコレクションに関連したメニューブックで、完了させると各車の解説を詳しく聞いたり、お店にデザイナーが居合わせたときは、デザインや思い出話を聞くチャンスも。メニューブックをクリアすることで、自然とクルマの歴史や文化に触れられるようにデザインされています。

3つのカーディーラー

クルマを購入できるカーディーラー。『GT7』では、目的別に3つのカーディーラーを使い分けながらゲームを進めていきます。ひとつは、2001年以降の新車を購入できる「ブランドセントラル」。およそ300車種が販売されており、自動車メーカーのなかには、その歴史を知ることができる「ミュージアム」を併設しています。

「ユーズドカーディーラー」は、文字どおり中古車専門のディーラーで、新車よりもリーズナブルな価格でクルマを購入できます。90年代の日本のスポーツカーのように、なかには新車価格を上回るプレミア価格がついたものも。中古車ラインナップは毎日更新されていく予定です。カーディーラーには、このほかにも歴史的価値がある名車を集めた「レジェンドカーディーラー」があります。

各地のサーキットを訪れ、レースやアクティビティを楽しむ「ワールドサーキット」

「ワールドサーキット」は、『GT7』に収録されている多くのコースにアクセスできる場所です。ここから各コースを訪れ、開催されているレースやチャンピオンシップに加えて、さまざまなアクティビティに参加することができます。コースを学ぶための「サーキットエクスペリエンス」や、天候や時間、周回数、敵車のセットなど、レースの各種設定を自由に行える「カスタムレース」もアクティビティとして楽しむことができます。

レース以外のお楽しみ。「ライセンス」と「ミッションレース」

『GT7』には、冒険の主軸となる多数のレースイベントのほかにも、多くの楽しみが詰まっています。例えば「ライセンス」。初代『グランツーリスモ』からの伝統ともいえる本モードは、短めのタイムトライアル試験に挑戦しながらステップアップ形式でドライビング技術を学べるスクールのような場所。繰り返し挑戦して、オールゴールド獲得を目指しましょう。

普通のレースともタイムトライアルとも違う、バラエティ豊かなイベントを多数収録した「ミッションレース」では、一定の直線距離を走ってタイムを競う「ドラッグレース」、ドリフトテクニックを競う「ドリフトトライアル」などを楽しむことができます。

家族や友達と一緒にレースを楽しむ「マルチプレイヤー」

ひとりで遊ぶだけでなく、ほかのプレイヤーとレースを楽しむフィーチャーも拡充。家のリビングルームで家族や友人と楽しめる画面分割による2P対戦のほか、オンラインではフレンドと一緒に楽しむ「ロビー」、よりシリアスなレースを楽しめる「スポーツモード」、そしてロビーをよりカジュアルにした「ミーティングプレイス」を用意しています。

自分好みのクルマに仕上げよう。「チューニングショップ」「GTオート」「リバリーエディター」

今作では高性能なパーツを購入・装着してクルマの性能を上げることができる「チューニングショップ」が復活。1台あたり60種類を超えるチューニングパーツが用意されています。

クルマの外観を好みにカスタムしたり、洗車やオイル交換などの各種メンテナンスを行える場所が「GTオート」です。エアロパーツは、じつに650種以上、ホイールは130種以上、さらに実際に測定によって再現したリアルなペイントカラー約1200色を収録。カスタムの自由度は高く、クルマによっては内装にロールケージの施工や、オーバーフェンダーによってワイドボディ化することも可能です。また、クルマの外観を自由に編集できる「リバリーエディター」も、今作ではよりパワーアップ。前作『グランツーリスモSPORT』では不可能だった場所にステッカーが貼れるようになったほか、1台あたりのステッカー数の上限が増えたことで、さらに使いやすくなりました。

奥深い写真撮影が楽しめる「スケープス」と「レースフォト」

好きなクルマと一緒に世界を旅しながら、奥深い写真の世界を楽しめるのが「スケープス」です。撮影の舞台となる“スポット”は、じつに2500以上を収録。各スポットはHDRのテクノロジーによって収録されており、リアルな光の表現と自由度の高いエフェクトによって、現実世界では不可能に近い高度な写真表現を可能にしました。さらにレース中の躍動感溢れる写真撮影を楽しめる「レースフォト」では、レースのリプレイを一時停止し、そのシーンのなかに入り込むことで、現実では難しいレースフォトを簡単に撮影することができます。

作品を通じて世界中のユーザーと交流できる「ショーケース」

自分で保存したリプレイや写真、あるいは自分でつくったリバリー、ステッカー、カラーリングは、ここ「ショーケース」で閲覧できます。さらに、それらをオンラインを通じてほかのプレイヤーに公開したり、あるいはほかのプレイヤーが公開している作品をダウンロードすることも可能。作品を通じ、世界中のユーザーと交流を楽しみましょう。

レイトレーシングを駆使した映像と進化した気象シミュレーション

PlayStation 5版『GT7』では、最新のビデオゲームのトレンドであるレイトレーシングを採用し、より一層、艶やかにクルマの表情を再現しています。さらに、時間変化、天候変化のシミュレーションも大きく向上し、天候変化はコースのロケーションごとに膨大な気象データ等に基づいて地球規模でシミュレーション。結果、地域ごとの雲や空気感までをも再現することに成功しています。過去のシリーズから大切にしている「星空」の進化も見どころ。それぞれのコースロケーションから見える、時刻に応じた星空をシミュレーションし、吸い込まれるような美しい夜空を楽しむことができます。

より自然なコンディションの変化を実現。雨雲レーダーも採用

時間変化、天候変化は見た目だけの演出ではありません。路面温度等に影響を与え、結果的にタイヤのグリップやエンジンパワーに影響するなど、自動車の物理シミュレーションに密接に関係しています。雨が降るとコース上の水が多い場所ほどグリップが低下し、やがて通過する車両が多い走行ラインから乾きはじめ、徐々にグリップが回復していく……そんな自然なコンディションの変化を実現しています。リアルな天候化に対応するため、『GT7』では新たに「雨雲レーダー」を採用。これからの天気を予測できるため、長丁場のレース戦略に大いに役立つでしょう。

音楽に合わせて動的にカメラを生成する「ミュージックリプレイ」

「グランツーリスモ」シリーズは、初代の誕生当初から“リプレイ”をとても大切にしてきました。クオリティが高いリプレイは『GT7』でも健在ながら、今作ではさらに進化を遂げた「ミュージックリプレイ」を開発、導入しています。あらかじめコース上に設定してあるカメラでクルマを追う従来のリプレイに対して、ミュージックリプレイは音楽に合わせてカメラ、カットを自動で生成。結果、リプレイを再生するたびに違ったカメラワークでリプレイを楽しむことができます。

より進化を遂げた自動車物理シミュレーション

25年以上の歴史がある「グランツーリスモ」の自動車物理シミュレーションは、今作でさらに大きく飛躍。アドバイザーであるルイス・ハミルトン、テクニカルパートナーであるタイヤメーカーのミシュラン、そしてFIA GT選手権のトップドライバーからの多くのフィードバックをもとにチューニング。ラップタイムが正確なだけでなく、ドライビングフィールがどのくらい人間の感覚に合っているかを追求したシミュレーションモデルになっています。あわせて、空力も大幅に進化。コンピューターによる空力シミュレーション(CFD)によって、前後の車高変化によるダウンフォースの変化や、風向き、乱流によるハンドリングの影響も再現しています。

PlayStation 5ならではの没入体験

PlayStation 5版『GT7』は、DualSenseのハプティックフィードバック、そしてアダプティブトリガーに完全対応。タイヤがロックしたとき、あるいはフロントタイヤが滑り始めてアンダーステアが出たときなど、状況に合った周波数の振動としてプレイヤーに伝わります。プレイヤーはこれらのデバイスにより、クルマの状況や路面の様子を的確に感じ取ることができます。

また、PlayStation 5版『GT7』では、3Dオブジェクトオーディオにも対応。そのテクノロジーによって、音がどの方向から鳴っているのかをリアルに再現しています。

音楽を聴きながらクルマをドライブする新モード「ミュージックラリー」

『GT7』では新たな試みとして、音楽を聴きながら爽快なドライブが楽しめる「ミュージックラリー」を収録。リズムにあわせて減っていく「ビート」がなくならないように走行し、曲を完奏させるとクリア、その時点の走行距離に応じてプライズを獲得できるミニゲームです。音楽とゲームプレイを融合させた、新しい「グランツーリスモ」の世界にご期待ください。

「PlayStation® Showcase」で『グランツーリスモ7』を発表

続きを読む

『グランツーリスモ7』(以下GT7)を、2022年3月4日、プレイステーション5とプレイステーション4に同時リリースいたします。

初代『グランツーリスモ』から25年。『GT7』の目標は、長きにわたるシリーズのファンだけでなく、クルマをよく知らない初心者の方にも、過去150年もの自動車の文化とレースの文化のすべてを伝えられるデザインにすること。

シリーズの集大成として、ゲームシステム、ゲームボリューム、あらゆる面で大きな進化を遂げています。

最高のグランツーリスモの体験

伝統の“GTモード”が“キャンペーンモード”として復活。「グランツーリスモ」のプレイ体験の原点に戻り、プレイヤーはGTワールドのマップからスタートします。

17世紀、人々がヨーロッパ大陸を渡る長旅に出かけ、旅先で学び、成長したその旅の名称に由来する「グランツーリスモ」。『GT7』のキャンペーンモードもまた、グランツーリスモの世界を通じてプレイヤーが個々のユニークな旅を行い、ユニークな体験を得る場所となるでしょう。

クルマ・コレクション

自動車の文化に触れる最初の一歩は、クルマの形と名前を知ること、覚えること。これまでのシリーズ以上に“カー・コレクション・ゲーム”としてデザインされている今作では、カー・コレクションを始めるきっかけとなり、またゲームの序盤をナビゲートしてくれる場として、新たに「GTカフェ」が登場します。プレイヤーは、そこで依頼される“文化的な意味を持つカーコレクション”を、レースに出場してプレゼントカーとして獲得したり、ブランドセントラルや中古車ディーラーで購入しながらコンプリートしていきます。

チューニング

クルマを所有する大きな喜びのひとつは、自分の好みに合わせて改造・カスタムすること。『GT7』ではエンジンのチューニングにとどまらず、サスペンションやトランスミッションのギヤ比、ブレーキ、タイヤなど、さまざまなパーツの交換と調整を重ねて自分好みのクルマに仕上げることができます。

カスタムやメンテナンスを請け負う「GTオート」も復活。ホイールの交換や、クルマのワイドボディ化、ロールケージやエアロパーツの装着などのドレスアップが楽しめるほか、エンジンオイルの交換や、洗車も行えます。

リバリーエディター

クルマに施されたカラーリングやステッカーなどのリバリーを自在に変更、編集できる「リバリーエディター」も、『GT7』ではパワーアップ。ユーザーインターフェースを改良し、実用性とアクセシビリティが向上しています。

伝説のサーキット

トライアルマウンテンやハイスピードリンクといったシリーズを象徴する歴史的サーキットが復活します。時代に合わせてレイアウトの一部に手が加えられているだけでなく、プレイステーション5ではその表現力に合わせて、よりディテールに富んだリッチなコースに仕上がっています。

時間変化・天候変化シミュレーション

『GT7』では、より自然でリアルな時間変化および天候変化を実現。NASAの学術データベースをはじめとする膨大な気象観測データを手がかりに、グランツーリスモ独自の方法で、大気中のエアロゾル粒子の粒径分布や濃度分布の空間的・時間的な状態の再現を地球規模のスケールで実施。時間や天候に対するリアルで複雑な空模様、光の変化を表現しています。

スケープス

好きなクルマを所有していると、世界中のロケーションでその写真を撮りたくなるもの。43カ国、2500ロケーションを超える撮影スポットで、お気に入りのクルマの写真を存分に撮影できる「スケープス」は、HDR技術とレイトレーシングを用いたフォトリアリスティックな撮影、高度なイフェクトや、流し撮りも自由自在。そこで撮影した写真は、自分と同じ情熱を持つほかのプレイヤーと共有することもできます。

Gran Turismo 7 “Behind The Scenes”

シリーズ25年の集大成である『グランツーリスモ7』。そこには、どのような体験と感動が待っているのか——? プロデューサー山内一典が語る“セブン”の世界。

“Behind The Scenes”シリーズを見る

製品情報

パッケージ版PlayStation®5 / PlayStation®4
『グランツーリスモ7』スタンダードエディション
PS5 希望小売価格 : 8,690円(税込)
PS4 希望小売価格 : 7,590円(税込)
発売日 : 2022年3月4日
ダウンロード版PlayStation®5 / PlayStation®4
『グランツーリスモ7』スタンダードエディション
PS5 販売価格 : 8,690円(税込)
PS4 販売価格 : 7,590円(税込)
発売日 : 2022年3月4日
PS4用:『グランツーリスモ7』(パッケージ版/ダウンロード版)
PS4向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(パッケージ版/ダウンロード版)をご購入いただくと、PS5向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)を1100円(税込)でご購入いただけます。
PS4向けソフトウェア(パッケージ版)をお持ちの方は、PS5向けソフトウェア(ダウンロード版)をダウンロードしたりプレイしたりするには、その都度ディスクをPS5本体に挿入する必要があります。PS4向けソフトウェア(パッケージ版)をお持ちの方でも、ディスクを使用しないPS5デジタル・エディションを購入された場合はPS5向けソフトウェア(ダウンロード版)を1100円(税込)でご購入いただくことはできません。
本ソフトウェアのPS5アップグレードにはPlayStation™Networkのアカウントが必要です。
PS5用:『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)
PS5向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)をご購入いただくと、PS4向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)を入手することができます。
PS5用:『グランツーリスモ7』(パッケージ版)
PS4向けソフトウェア『グランツーリスモ7』は入手できません。
※オフライン時はアーケードモードのみプレイできます。
パッケージ版PlayStation®5
『グランツーリスモ7』25周年アニバーサリーエディション
希望小売価格 : 10,890円(税込)
発売日 : 2022年3月4日
ダウンロード版PlayStation®5 / PlayStation®4
『グランツーリスモ7』25周年アニバーサリーデジタルデラックスエディション
販売価格 : 10,890円(税込)
発売日 : 2022年3月4日
『グランツーリスモ7 25周年アニバーサリーエディション』(パッケージ版)
PS5向けソフトウェア『グランツーリスモ7 25周年アニバーサリーエディション』(パッケージ版)をご購入いただくと、PS4向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)を入手することができます。
『グランツーリスモ7 25周年アニバーサリーデジタルデラックスエディション』(ダウンロード版)
PS5・PS4向けソフトウェア『グランツーリスモ7 25周年アニバーサリーエディション』(ダウンロード版)をご購入いただくと PS5向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)およびPS4向けソフトウェア『グランツーリスモ7』(ダウンロード版)を入手することができます。
※オフライン時はアーケードモードのみプレイできます。

パッケージ版早期購入限定内容物
ダウンロード版予約購入限定内容物

コンテンツ スタンダードエディション 25周年エディション共通
3カーパック
・ MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT Stealth Model
・ ポルシェ 917 LIVING LEGEND
・ トヨタ スープラ GT500 '97 (Castrol TOM'S)
circle circle
10,000,000 Cr
『グランツーリスモ7』内で使用できるゲーム内クレジット(通貨)です。
circle circle

3カーパック

※ 画像はイメージです。

早期購入限定の内容物のダウンロードコンテンツのプロダクトコード有効期限は2022年8月4日(木)までです。プロダクトコードの使用にはインターネット接続及びPlayStation™Networkのアカウントが必要です。

25周年エディション特典内容

コンテンツ 25周年アニバーサリー
エディション
パッケージ版
25周年アニバーサリー
デジタルデラックスエディション
ダウンロード版
100,000,000 Cr
『グランツーリスモ7』内で使用できるゲーム内クレジット(通貨)です。
circle  
150,000,000 Cr
『グランツーリスモ7』内で使用できるゲーム内クレジット(通貨)です。
  circle
トヨタ GRヤリス 国・地域限定リバリー
ご利用のPSNアカウントの国に合わせて、あなたの国の国旗をモチーフとしたスペシャルリバリー車両を1台入手できます(30ヵ国に対応予定)。
※30ヵ国の国・地域以外にお住まいの方は、汎用のリバリー車両となります。
circle circle
PSNアバターパック
『グランツーリスモ7』に収録されるマニュファクチャラーおよびクルマをテーマにした、30種類のPSNアバターのパックです。
circle circle
The Music of Gran Turismo 7
ソニー・ミュージックエンタテインメントとのコラボレーションにより生まれたオリジナルミュージックデジタルアルバムです。
circle circle
スチールブック / スリーブ
「グランツーリスモ」シリーズ25周年を記念した、スリーブによる『グランツーリスモ7』特装パッケージです。ソフトを収納できる金属ケース「スチールブック」が同梱されます。
circle  

※ 画像はイメージです。

ダウンロード版PS4用ゲーム本編およびダウンロードコンテンツ、早期購入限定の内容物のプロダクトコード有効期限は2022年8月4日(木)までです。プロダクトコードの使用にはインターネット接続及びPlayStation™Networkのアカウントが必要です。