Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP
GT6 Concept Movie #2 2013 E3
PLAY MOVIE

PLAY MOVIE

イベントリポート

『グランツーリスモ6』最新情報 E3 2013版

2013年6月10日午後6時(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにて「プレイステーション E3 2013 プレスカンファレンス」が行われ、『グランツーリスモ6』に関する新しいニュースが公開されました。その概要をお伝えしましょう。

 

FIA GT3マシンをはじめとする注目車種を収録

『グランツーリスモ6』には、世界中のGTカーレースの主役となったFIA GT3カテゴリーのマシンを始め、誰もがドライビングしたくなる注目車種が多数収録されます。E3 2013でご覧いただけるのは以下のクルマたちです。

日産 デルタウイング ‘12
極端に細いフロントと張り出したリアタイヤ。その革新的な三角翼型のスタイリングで、レーシングカーの設計に一石を投じたマシンです。2012年のル・マン24時間レースでその雄姿を披露した後、アメリカ・ロードアトランタで行われたプチ・ル・マンに参戦。GTアカデミーウィナー、ルーカス・オルドネス選手らのドライブで総合5位に入り、コンセプトの正しさを実証しました。

シボレー コルベット スティングレイ (C7) ‘14
カモフラージュされた「テスト プロトタイプ」、生産目前の「ファイナルプロトタイプ」と、開発過程にあるモデルをリリースしてきた「グランツーリスモ」。E3 2013には、いよいよプロダクションモデルが登場します。実際にオーナーの元へと届けられるコルベットの走りを存分にお楽しみください。

BMW Z4 GT3 ‘11
世界中のレースで大活躍したM3の後を受けて、BMWがFIA GT3カテゴリーに投入したマシン。市販のZ4をベースに軽量化、低重心化、トレッドを拡大し、エアロダイナミクスが向上しています。エンジンはM3の血統を受け継ぐ4リッターV型8気筒を搭載。ロングノーズ・ショートデッキのプロポーションと獰猛な顔つきは、戦うマシンの迫力にあふれています。

メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 ‘11
2013年ニュルブルクリンク24時間レースで初優勝を飾ったSLS AMG GT3。オリジナルのSLS AMGのアルミスペースフレーム、6.3リッターV8エンジンはそのままに、FIA GT3規定に合わせたレースマシンとしての改造が行われています。名車300SLのガルウイングを踏襲。脈動を伴った独特のエキゾーストサウンドもこのクルマの持ち味です。

日産 GT-R ニスモ GT3 N24 シュルツモータースポーツ ‘13
「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典が、2013年のニュルブルクリンク24時間レースでドライブしたのがこのマシン。市販のGT-Rをベースにトレッドを拡大。駆動方式は4WDからFRへと変更され大幅に軽量化。ニュルブルクリンクでは日本車として初めて予選で暫定首位に立つなど、その高いポテンシャルの片鱗を見せました。

アウディ R8 LMS ultra (Audi Sport Team Phoenix) #3 ‘12
アウディのフラッグシップスポーツ、R8から生まれたGT3マシン。お家芸のクワトロシステムは封印しミッドシップ後輪駆動へと変更。改良版であるultraではドアパネルのカーボン化や排気系、空力の改良などで戦闘力が向上しました。ゼッケン3を付けたこのマシンは、2012年ニュルブルクリンク24時間レースで総合優勝を果たしたチームフェニックスのマシンです。

 

よりスケールを増した新しいロケーション

E3 2013では、『グランツーリスモ6』に収録される新しいロケーションもご覧いただけます。今回登場する3つのロケーションについてご説明しましょう。

ヘマソラール
スペイン・セビリア郊外にある広大な集光型太陽熱発電所。縦9m、横12mという巨大な反射鏡が2650枚、同心円状に並び、2万5000世帯分の電力を発電しています。その広さはなんと185ヘクタール。自然エネルギーの利用を圧倒的なスケールで視覚化した稀有な場所として、「グランツーリスモ」のロケーション(フォトステージ)に加わりました。

ウィロースプリングス レースウェイ
今年で60周年を迎えるカリフォルニアの人気サーキットがついに「グランツーリスモ」に登場します。ウィロースプリングス レースウェイはロサンゼルス郊外の広大な丘陵地帯にあるサーキット。複数あるコースレイアウトのうち、今回ご紹介するのはビッグウィローと呼ばれるメインコース。1周2.5マイルで、地形を生かした適度な起伏とハイスピードコーナーが特徴です。

マッターホルン
ヨーロッパアルプスの名峰、マッターホルンを望む展望台として有名なゴルナーグラート駅の周辺に作られたオリジナルコース。標高は3000メートルを越え、荒々しい岩肌が迫るアップダウンの強烈な山岳コースですが、道幅が広くオーバーテイクも可能です。丘を越える時に目に飛び込んでくるヨーロッパアルプスの姿は格別。スケールの大きなドライビングをお楽しみください。

 

『グランツーリスモ6』の魅力を盛り込んだムービーを公開

E3 2013では、『グランツーリスモ6』の魅力やあらたな進化を盛り込んだムービー「GT6 Concept Movie #2 2013 E3」を公開しました。このムービーでは、上記でお伝えした新しいクルマ、コースに加えて、横浜ゴムやKWオートモーティブといったテクニカルパートナーとの提携によって可能になったシミュレーションやグラフィックエンジンの進化についても紹介しています。

新自動車物理シミュレーション
クルマの挙動をつかさどる物理モデルを一新。クルマの荷重移動や姿勢変化、路面とタイヤの関係がリアルになり、濃密さを増したドライブフィールの違いはステアリングを切った瞬間からプレーヤーには感じられるでしょう。

タイヤモデル
テクニカルパートナー横浜ゴムの協力を得て、コンパウンド、タイヤの構造、過渡領域での特性変化などを織り込んだ新しいタイヤモデルを導入しました。

サスペンションモデル
ドイツのサスペンションメーカーKWオートモーティブとの提携により、クルマのドライブフィールを決定づけるダンパー(ショックアブソーバー)の精度、リアリティが大幅に高まりました。

エアロダイナミクス
車体形状、クルマの姿勢変化、路面との関係によって目まぐるしく変化するダウンフォースやリフト、空気抵抗などをこれまでにない精度で再現。プレーヤーはドライブ中に空気の流れを感じることができるでしょう。

適応型テセレ―ション
3Dモデルのレンダリングに次世代の技術である、適応型テセレ―ションを採用しました。テセレ―ションとはポリゴンを複数の図形に分割すること。適応型テセレ―ションでは、見る距離や位置に応じてポリゴンが自動的に細分化されるため、近距離から遠距離までレンダリングの品質を高く保つことができます。

HDRレンダリングエンジン
現実の風景が持つ広いダイナミックレンジをより忠実に表現するため、『グランツーリスモ6』はHDRのダイナミックレンジを『グランツーリスモ5』と比べて50倍に拡大。明度の差から生じる白とびや黒つぶれをなくすことはもちろん、空気を感じるボケ味、光のきらめき、動きの迫力を増すモーションブラーも、さらに美しく再現します。

※画面は開発中の英語版のものです。