Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP
グランツーリスモ6

コルベット スティングレイ グランツーリスモ コンセプトが登場

『グランツーリスモ6』内にコルベット スティングレイ グランツーリスモ コンセプトを公開しました。カーディーラー内での購入はもちろん、期間限定のシーズナルイベントを完走することでも入手可能です。

解説 - コルベット スティングレイ グランツーリスモ コンセプト

2013年に姿を現した、C7こと7代目コルベット。「グランツーリスモ」はこの歴代最強といわれるクルマを開発過程から追いかけ、市販モデルはもちろん、開発途上にあるテストプロトタイプまで収録することに成功した。こうしたコルベット開発チームと「グランツーリスモ」の連帯を祝福するシンボルとして、2013年のSEMAショーに出展されたのが、コルベット スティングレイ グランツーリスモ コンセプトである。

このコンセプトモデルは、いわば「走行会とデイリーユースを両立させたコルベット」。サーキットでのタフな走りに応える高いパフォーマンスを持ちながら、その行き帰りの快適さも実現させた贅沢な1台だ。

もともとコルベット スティングレイは、圧倒的な高性能と上質な乗り心地を高度にバランスさせたモデル。そのためグランツーリスモ コンセプトではエンジン、足まわりはあえてストックコンディションとし、エクステリアとインテリアにおいて徹底的なモディファイが行なわれた。

ボディカラーは「グランツーリスモ6」のイメージカラーでもあるブルーとし、独特の陰影を生むマットと光沢が組み合わせられている。独自のアウトレットを備えたエンジンフードと脱着式ルーフパネルはカーボン製に置換し、アルミホイールはフロントを19インチ、リアを20インチへサイズアップして応答性を高めている。床下の空気の整流を狙って、ボディの前後にはカーボン製のグランドエフェクトキットを装着。あわせてボディ後端にもボディラインを延長するような大型カーボン製リアウイングを追加し、ここでも乱流抑制を図っている。

ディテールへの配慮も抜かりがない。ヘッドランプユニットはL字型の縁取り部分をクリアからイエローに変更。フロントグリルやフロントフェンダーのアウトレット、リアクォーターのベンチレーションダクトもグレーの専用パーツにリプレイスされている。インテリアでは、ダッシュボードやシートまわりを専用色に変更し、さらに専用色でレザーラップしたロールバーも装着。あわせてステアリングとスポーツシートをサーキット走行にも適した専用品に換装した他、激しいGにも耐えるための4点式シートベルトもおごっている。

オリジナルのコルベットの魅力はそのままに、スポーツドライビングが求める要素を漏らさず盛り込む。まさに「グランツーリスモ」のファンが待ち望んだ、理想のコルベット スティングレイだ。