レースレポート

完璧な走りを見せたおなじみのドライバーがトップに

グランツーリスモ ワールドシリーズ 2022 マニュファクチャラーズカップ - ラウンド2

ベルギー・スタヴロ(2022年9月25日)– 2022年グランツーリスモ ワールドシリーズが今日また一歩進み、マニュファクチャラーズカップのラウンド2が開催されました。プレイヤーが世界中から直接参加したワールドシリーズ Showdownとは違い、このラウンドはリモートで開催。しかしその緊張感は一切引けを取ることはなく、グランツーリスモ ワールドシリーズのパートナーであるジェネシス、マツダ、およびトヨタを含む12メーカーのドライバー達が、長い歴史を持つベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットで激突しました。

今回のイベント時点ではスバルが9ポイントでチャンピオンシップをリード、続いて5ポイントのAMG、そして4ポイントのトヨタ。ワールドファイナルまであと数レースしか残っておらず、他のチームにはもう後がない状態です。

ラウンド2:スパ・フランコシャン

ラウンド1同様、各チームからは1名のドライバーをこのスパ・フランコルシャンでの10ラップの戦いに投入。ドライバーはミディアムとソフトコンパウンドのタイヤで最低でも1ラップ走る義務があるので、レースストラテジーも関わってくるものの、レースはやはり今日誰が一番速かったかで決まります。チーム・トヨタのイゴール・フラガ選手(IOF_RACING17)は予選で素晴らしいスピードを見せ、2’13.201”という驚異の予選タイムでポールポジションを確保。続く2番手にはマツダ RX-Vision GT3のジョルジオ・マンガーノ選手(Williams_Gio)、 3番手にBMW M6 GT3のエリック・カセス・バスケス選手(GG_ErikCases)、そして4番手がチーム・スバル期待の新人、キリアン・ドルモン選手(PRiMA_Kylian19)です。

ミシュランのソフトコンパウンドでグリッドに並んだ唯一のドライバーであるフラガは、早めに後続を引き離したいところ。第1コーナーを先頭で通過したのは、この2019年のネイションズカップチャンピオンでした。いっぽうでバティスト・ボボア選手(R8G_TSUTSU)のAMG GT3がドルモンのBRZ GT300をオーバーテイクし、4位に上がります。1ラップ終了時にはトップ3のGRスープラ(フラガ)、マンガーノのRX-Vision、そしてバスケスのM6が後続を引き離し始めました。

2ラップ目の中盤、フォルクスワーゲン ビートルの鈴木聖弥選手(V1_CRV-KRT86)、ジャガー Fタイプのアダム・タペイ選手(TFz_Adam18)、ポルシェ 911のアンゲル・イノストローザ選手(YASHEAT_Loyrot)が、6位をめぐっての戦いで数回接触。3ラップ目の頭ではフラガのGRスープラが4秒以上リードし、いっぽうでボボアがうまくオー・ルージュでバスケスをオーバーテイクし、3位に浮上します。

ラップ4の終盤、7秒リードするフラガが唯一のピットストップに入ります。あとは他のドライバーがよりスピードの乗るソフトコンパウンドに交換した時、この爆速のブラジル人ドライバーが逃げ切れるかどうかです。次の2ラップ中に残りのドライバー達が一斉にピットインし、ブロードキャストを見守る視聴者はドライバー達がコースに復帰する際、どのポジションで戻るかを息を呑んで見守っていました。

7ラップ目にフラガのGRスープラがトップで出ますが、全力で追いかけるRX-Visionのマンガーノに、7秒もあったリードは少しずつ削り取られていきます。ドルモンのBRZは3位で、鈴木のビートル、バスケスのトヨタが続きます。8ラップ目、マンガーノはフラガへのギャップを6.2秒まで縮めていましたが、時すでに遅し。フラガは一切動じることなく、マツダをそれ以上近づけさせることはありませんでした。今シーズンの初勝利で、フラガは3点の貴重なポイントをチーム・トヨタにもたらしました。ジョルジョ・マンガーノは勇敢に戦い、マツダ RX-Visionを2位でフィニッシュ。そして注目のドルモンは3位のフィニッシュでチーム・スバルに1ポイントをもたらしました。結果、スバルがそのまま10ポイントでポイントリーダーにとどまり、トヨタが7ポイントで2位、マツダとAMGが5点で同率です。

レース後のフラガ:「実はこのレースでは高い燃料消費とタイヤ摩耗設定に車がどう反応するかがわからなかったのですが、最終的にうまくいきました。最初にフロントでスタートを切り、いいペースを見つけるのが鍵でした。他のメーカーとも本当に接戦になってきているので、ワールドファイナルへ持ち込む今回のポイントはものすごく重要になっています。僕らはこの勢いを維持して安定したパフォーマンスを見せ続けることにより、全てに勝つためのできるだけ多くのポイントを稼ぐ必要があります」。

すべてのアクションはグランツーリスモのオフィシャルYouTubeチャンネル、 https://www.youtube.com/GranTurismoOfficial/ でご視聴になれます。

グランツーリスモ ワールドシリーズ 2022 マニュファクチャラーズカップ - ラウンド2
リザルト

Rank Manufacturer / Drivers Time
1 トヨタ イゴール・フラガ 22:56.242
2 マツダ ジョルジョ・マンガーノ + 04.478
3 スバル キリアン・ドルモン + 08.743
4 BMW エリック・カセス・バスケス + 10.553
5 ジャガー アダム・タペイ + 12.560
6 ジェネシス ニコラス・ロメロ + 13.477
7 ポルシェ アンゲル・イノストローザ + 14.783
8 AMG バティスト・ボボア + 15.544
9 シボレー アドリアーノ・カラッツァ + 17.071
10 フォルクスワーゲン 鈴木 聖弥 + 18.874
11 三菱 ジョス・ルグラン + 19.171
12 日産 ハラルド・ワルセン + 26.683