Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP
グランツーリスモSPORT

イタリア・モデナで『グランツーリスモSPORT』の全世界発売を記念したイベントを開催

10月16日(月)、世界各国からゲストや報道関係者の方々を招いて、『グランツーリスモSPORT』の全世界での発売を祝うイベントが開かれました。舞台となったのは、北イタリアの古都モデナ。古代ローマ以来の歴史を有する世界遺産の街ですが、クルマ好きには「エンツォ・フェラーリ氏の生まれ故郷」といったほうがふさわしいかもしれません。

試遊のためのドームとグランツーリスモSPORTの収録車両が並んだモデナのローマ広場。正面の建物はドゥカーレ宮殿

ローマ広場のイベント風景

ローマ広場のイベント風景

試遊のためのドームの内部

イベントは、市内のローマ広場とホテル・カナルグランデ、郊外のモデナ・サーキット、そして2012年のオープン以来話題を集めているミュゼオ・エンツォ・フェラーリという4か所を拠点として開催。当日は、街のあちこちに関連バナーやポスター、そして名だたるクルマたちが飾られ、モデナ全体が『グランツーリスモSPORT』一色に染まりました。

VRを楽しむ来場者

ドーム脇にさりげなく置かれたタグ・ホイヤーのストップウォッチ

街角の看板にも……

ホテル カナルグランデのパティオの風景。ここにもクルマと試遊ポッドが置かれた

今年2017年は、『グランツーリスモSPORT』発売の年であると同時に、「グランツーリスモ」20周年という記念すべき年。プレゼンテーションに立った「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典は、この20年で送り出した「グランツーリスモ」1作1作を振り返りつつ、同時に最新作『グランツーリスモSPORT』をこう述べました。「新しいグランツーリスモのスタンダード。高いパフォーマンス(フレームレート)と高品質な表現のグッド・バランス、混沌としていたカオスのようなゲーム&UIデザインからの脱出し、オンライン、オフラインが高度に統合されたユーザーエクスペリエンスとゲームデザインは、過去シリーズ最高のものです」。

プレゼンテーションに臨む「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典
プレゼンテーションに臨む「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典


このイベントでは、来年から始まる「FIA GT オンライン チャンピオンシップ」のウィナーに送られるトロフィーも初公開されました。台座の上に建つシンボルは、イタリア未来派を創設したウンベルト・ボッチョーニが1913年に手がけた彫刻「空間における連続性の唯一の形態」。20世紀初頭の人類が初めて出会った「機械文明」と「スピード」への驚きと憧憬を形にしたこの彫刻は、「グランツーリスモ」が抱き続ける自動車文化への畏敬をまさに具現化したものとして、トロフィー像に選ばれました。制作にあたっては、イギリスのテートモダンにあるブロンズ像を高精度にスキャニングし、ポリフォニー・デジタルのアーティストたちが数か月の情熱を注いで、新たな命を吹き込みました。

ゲームで開催される「FIA GT ワールドチャンピオンシップ」のウィナーに贈られるトロフィーをアンヴェイル

未来派の彫刻家、ウンベルト・ボッチョーニが1913年に手がけた「空間における連続性の唯一の形態」をポリフォニー・デジタルの手でリプロダクトした


さあ、いよいよ、『グランツーリスモSPORT』の扉が開きます。初回作以来のイノベーションであるこの最新作の圧倒的な進化を、ぜひお確かめください。

イベントには山内を始めポリフォニー・デジタルのスタッフも多数参加した

モデナ郊外の「アウトドロモ・ディ・モデナ」にメディアを招いて行われたサーキット エクスペリエンス

参加者はゲーム内のキャンペーンモードのメニューを実体験した

サーキット エクスペリエンスでの一コマ

サーキット エクスペリエンスでの一コマ

サーキット エクスペリエンスでの一コマ

サーキット エクスペリエンスでの一コマ

サーキット エクスペリエンスでの一コマ

サーキット エクスペリエンスでの一コマ

ディナーイベントの会場となったミュゼオ・エンツォ・フェラーリ。エンツォ・フェラーリの足跡と、フェラーリの数々の名車に触れることができる

フェラーリの歴代の名車の傍らでイベントが進行した

エンツォ・フェラーリの父アルフレッドが営んでいたワークショップを再現、エンジン博物館として使用されている

ミュゼオ・エンツォ・フェラーリのエントランスホール

再現されたエンツォの父アルフレッドのワークショップの外観