Mark Shulzhitskiy

2012年 ヨーロッパ
ウォルフガング・ライプ
誕生日 : 1986年10月1日
出身地 / 居住地 : ベルギー、ブリュッセル / ベルギー、ブリュッセル
主な戦績
2012年日産プレイステーションGTアカデミー:ヨーロッパチャンピオン

プロフィール

ベルギー出身のウォルフガング・ライプは、83万人が参加したGTアカデミーのヨーロッパ大会を勝ち抜き、2012年のチャンピオンに輝きました。

彼は幼い頃からモータースポーツが好きで、故郷のベルギーでF1を見て育ちました。一番好きなドライバーはアイルトン・セナだと言います。グランツーリスモに熱中し、自分でインドアカートを楽しんではいましたが、モータースポーツは出費もケタ違いに高額なため、積極的にプロのレースドライバーになろうと考えたことはありませんでした。

レースへの情熱が薄れかけようとしていた頃、ウォルフガングはGTアカデミーのニュースを耳にします。彼は学業を保留することを決心し「グランツーリスモ5」を購入、何かに憑りつかれたように練習に没頭しました。こうして、あきらめかけていた彼の夢が、今実現しようとしているのです。

背が高く、誰とでもすぐ仲良くなるこのベルギーの若者は、チャンピオン決定後、3か月間のドライバー集中開発プログラムに取り組んでいます。ウォルフガングと3人の他地域のチャンピオンは、11月最初の週末、ドニントンで行われた4時間のナイトレースを完走し、ドバイ24時間レース参戦に必要な国産Cライセンスを取得しました。彼ら4人は2013年1月に開催されるドバイのレースで、2台の日産370Z GT4レースカーをドライブすることになります。

ウォルフガング・ライプの夢は、母国ベルギーのスパ・フランコルシャンのレースに参加すること。彼はこのサーキットへ何度もレース観戦に出かけていますが、走った経験はありません。「家族や友人が応援するスパでレースを走り、あわよくば勝利したい。それがかなったら僕にとってすごく特別な経験になります」。

最近のニュース
更新日: 2017年02月20日
ルーカス選手はブランパンGT、ヤン選手がスーパーGT 500クラスに。GTアカデミー卒業生2人の2017年シーズン
GTアカデミー
毎シーズン、世界各地のメジャーレースで活躍を続けるGTアカデミーの卒業生たち。その中の2人、ルーカス・オルドネス、ヤン・マーデンボロー両選手の2017年の参戦情報をお伝えします。 2008年ヨーロッパチャンピオンのルーカス・オルドネス選手は、昨年に続いて、古巣のTEAM RJN NISSANからブランパンGTシリーズ エンデュランスカップに参戦します。マシンは熟成の進んだGT-R NISMO GT3、タッグを組むのはデビュー以来の僚友アレックス・バンコム選手と日本人ドライバー千代勝正選手です。 昨シーズンはマクラーレンやアウディといった強豪に阻まれ総合チームランキング7位。今シーズンは上位...
read moreRead More
更新日: 2016年10月28日
13万5000人の頂点が決定。2016年GTアカデミー インターナショナル大会のウィナーは22歳のメキシコ人に!
GTアカデミー
今年も、一瞬たりとも気の抜けない8日間でした。10月26日、イギリスのシルバーストン サーキットで行われていたGTアカデミー インターナショナル大会レースキャンプが最終日を迎え、メキシコ出身のジョニー・グインディ・ハムイ選手がチャンピオンに輝きました。 今年のGTアカデミーはこれまでと趣向を変え、メキシコ、インドネシア、オーストラリア、北アフリカ(アルジェリア/エジプト/モロッコ)、タイ、フィリピンを対象国としてインターナショナル大会を実施。各国での予選は、日産ディーラーやイベント会場、ショッピングモールなどを舞台に、『グランツーリスモSPORT』特別版を用いたタイムトライアルで競われ...
read moreRead More