Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP
GTアカデミー

GTアカデミー卒業生たちの2016年シーズン

2月26日(現地時間)、日産自動車/NISMOは2016年グローバルモータースポーツプログラムを発表し、世界各国のモータースポーツへの参戦体制やエンジン供給についてアナウンスを行いました。その中からGTアカデミー卒業生たちに関する情報をピックアップしてご紹介しましょう。

ルーカス・オルドネス選手(2008年ヨーロッパチャンピオン)

昨シーズン、日本のスーパーGT(GT500クラス)やF3選手権、ル・マン24時間レースを戦ったルーカス・オルドネス選手は、主戦場を再びヨーロッパに戻し、ブランパンGTシリーズのエンデュランスカップ(Pro Carクラス)にフル参戦します。マシンはもちろん日産GT-R NISMO GT3。気心の知れたアレックス・バンコム選手と日本人ドライバー高星明誠選手とタッグを組み、昨年ウォルフガング・ライプ選手らが成し遂げたチームタイトルの防衛に挑みます。開幕戦は4月23-24日のモンツァ(イタリア)です。

ヤン・マーデンボロー選手(2011年ヨーロッパチャンピオン)

昨シーズン、FIA世界耐久選手権に参戦したヤン選手は、ルーカス選手と入れ替わる形で日本に戦いの場を移し、スーパーGTと全日本F3選手権にエントリーします。スーパーGTの所属チームはかつてルーカス選手も在籍したNDDPレーシング。マシンはB-MAX NDDP GT-R、チームメイトはルーカス選手を鍛えた星野一樹選手という陣容で、4月9-10日の岡山国際サーキットが初陣となります。一方全日本F3ではB-MAX Racing with NDDPに所属。ゼッケン22を背負い、4月23-24日の鈴鹿サーキットで初戦に挑みます。

ブライアン・ハイトコッター選手(2011年アメリカチャンピオン)

昨シーズン、アメリカのピレリ・ワールド・チャレンジにエントリーし、シリーズランキング10位となったブライアン・ハイトコッター選手は、今年も同シリーズに挑んでより上位を目指します。マシンは日産GT-R NISMO GT3、開幕戦は今週末の3月3-6日にサーキット・オブ・ジ・アメリカ(テキサス州オースチン)で行われます。

リカルド・サンチェス選手(2014年インターナショナルチャンピオン)

昨シーズン、ブランパン耐久シリーズを戦ったリカルド選手は今年、同イベントのスプリント部門であるブランパンGTシリーズスプリントカップ(シルバーカップクラス)に挑みます。戦略的な耐久レースから一変、瞬発的な速さが求められる同レースでの戦いぶりに期待しましょう。マシンは日産GT-R NISMO GT3、開幕戦は4月8-10日のミザーノ(イタリア)です。

マシュー・シモンズ選手(2015年インターナショナルチャンピオン)
ロマン・サラザン選手(2015年ヨーロッパチャンピオン)

昨年秋、グランツーリスモのトッププレイヤーからレーシングドライバーへと飛躍を遂げたマシューとロマン両選手は、ヨーロッパを舞台としたブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ(Pro Amクラス)に挑戦します。まだまだ経験の浅い二人ですが、レースでは存在感のある走りに期待しましょう。開幕戦はルーカス選手と同じ4月23-24日のモンツァ(イタリア)です。

それぞれの2016年シーズンにご期待ください。