Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP
グランツーリスモSPORT

フランクフルトモーターショーで「グランツーリスモ」 x 「ポルシェ」のコラボレーションを発表

「グランツーリスモ」は、9月11日、ドイツ・フランクフルトで開催中の「フランクフルトモーターショー(IAA)」において、ドイツの自動車メーカー「ポルシェ」とのコラボレーションを発表しました。

これに先駆け、同会場ではポルシェ初の電気自動車(EV)である「タイカン」のバーチャル版を『グランツーリスモSPORT』で公開。このプレゼンテーションのなかでポルシェエクステリアデザイン責任者のペーター・ヴァルガ氏と「グランツーリスモ」プロデューサー山内一典は、来年2020年にはポルシェのビジョン グランツーリスモに加え、圧倒的な強さで世を席巻した伝説のレーシングカー、ポルシェ917の50周年を記念した917リビングレジェントを収録することもあわせて発表しました。

グランツーリスモ × ポルシェ、
3つのコラボレーションハイライト

1. 2019年10月に予定されている『グランツーリスモSPORT』の無料DLCアップデートによってポルシェ タイカン Turbo Sがゲーム内で入手可能になります。シュトゥットガルトと東京のチームが9ヶ月にわたって共同開発を行い、計器類を含む細部までこだわったインテリアに加え、車両のユニークなサウンド、そしてサーキットでの運動性能までをも再現しています。

2. ポルシェ917の50周年を記念した「917リビングレジェント」のデザインスタディが『グランツーリスモSPORT』に登場します。1970年にル・マン24時間レースで初優勝して以来、ポルシェのモータースポーツ史上もっとも重要なレーシングカーとされる同車が、歴史を超えて甦ります。2020年前半の収録予定。

3. ポルシェのデザイナーによるポルシェ ビジョン グランツーリスモを、2020年末までに収録予定。

チェル・グルーナー ポルシェAGマーケティング副社長のコメント

“ モータースポーツは私たちのDNAの一部で、レーシングゲームは若年層に高い訴求力を持っています。数々の賞を受賞したグランツーリスモは、ポルシェとレーシングゲーム、そしてeスポーツとの関係をさらに強化するための最高のパートナーと言えるでしょう。 ”

「グランツーリスモ」シリーズプロデューサー・山内一典のコメント

“ 2017年以来『グランツーリスモSPORT』でポルシェのクルマをドライブできるようになりました。ポルシェ タイカン Turbo S、そして917リビングレジェンドをゲームに収録し、ポルシェ ビジョン グランツーリスモ・プロジェクトをともに制作することにより、私たちのパートナーシップはより強固なものになっています。 ”

― 「ポルシェ タイカン Turbo S」の収録について
“ グランツーリスモでは、車両のエクステリア、インテリアを精度高くモデリングするだけでなく、個々のクルマが持つ独自のメカニズム、細かな物理的な特性まで完全に再現することが必要です。ポルシェというブランドには無駄な飾りが一切ありません。プレーンなデザイン、高い品質とパフォーマンス、そして、何より高精度なマシンであることがポルシェの魂ですから、私たちは、その研ぎ澄まされたドライビング体験を、グランツーリスモの中で完全に再現する必要があります。これは、とてもワクワクする仕事ですね。 ”

― ポルシェとの「ビジョン グランツーリスモ」プロジェクトについて
“ ビジョン グランツーリスモは、自動車メーカーのみなさんに、「あなたが考えるグランツーリスモ」を自由にデザインしてもらおう、というムーブメントです。
別の言葉で言い換えるなら、そうですね・・・「今でも、みなさんは自動車を作ることを楽しんでいますか?」という私からの呼びかけでもあります。
今回、自動車文化における、その存在のかけがえのなさ、という点で極めて強力でユニークな存在であるポルシェのみなさんが、このかけ声に賛同してくださり、「これが俺たちポルシェが考える、グランツーリスモだぜ」と返答してくださったのは、大変、光栄なことだと思います。
ポルシェ ビジョン グランツーリスモは、今後、10年、20年と月日が経過したとき、自動車文化の重要なメルクマールとして、振り返られることになると思います。 ”