GT

Please select your country / region

Close Window
GT SPORT Community
JP
トップライブレポートネイションズカップマニュファクチャラーシリーズカレンダーアーカイブ

リストに戻る

NATIONS CUP
香港が初タイトル獲得!saika159-選手悲願成就!
2018 シリーズ シーズン 2:ネイションズカップ
2018.08.03

鈴鹿サーキットで開催された最終戦 Top24スーパースターズ。多くの選手がメガーヌトロフィーをチョイスしたことで実力伯仲のバトルが繰り広げられました。

ポールポジションからスタートを決めた#7 日本・L-shooter_RB26選手が安定したペースでトップを走行しますが、タイトルの望みをかけて7位を走行する#6 香港・saika159-選手までの差はごくわずかです。

ひとつのミスでタイトルの望みが絶たれるスリリングなレース展開が繰り広げられます。
2位を走行していた#3 日本・JUN-_-JEEEEN選手が2周目の130Rでコースオフし3位にポジションを落とします。
上位陣は7周目に一斉にピット作業に入ります。ここでトップに躍り出たのが#3 日本・JUN-_-JEEEEN選手。
同じくピット作業でポジションアップを果たした、#6 香港・saika159-選手は5位に浮上する事に成功します。
それまでトップを走行していた、#7 日本・L-shooter_RB26選手は4位までポジションを落とします。

#6 香港・saika159-選手は接戦の上位4台とは距離をおき、5位キープの走りを続けます。

「グランツーリスモ」におけるベテランプレイヤーとして未だその走りに衰えを見せない#10 日本・yamado_racing38選手が12周目のS字コーナーで#8 日本・Kerokkuma_ej20選手と交錯し4位へポジションを落とします。
その混乱に乗じて#7 日本・L-shooter_RB26選手が3位にポジションをあげます。

最後まで1位を狙いプッシュを続けた#8 日本・Kerokkuma_ej20選手でしたが、#3 日本・JUN-_-JEEEEN選手が最終戦を制しました。
そして、最終戦を5位でレースを終えた#6 香港・saika159-選手がアジアオセアニアリージョンのタイトルを獲得しました。
シーズン2ではラウンド1~4まで、着実に有効ポイントを積み重ね続け、圧倒的な強さを誇る日本の名選手を相手に大健闘とも言える活躍をみせ、自身、そして香港に初タイトルをもたらしました。

順位 ドライバー DR SR Rd. 1 Rd. 2 Rd. 3 Rd. 4 Rd. 5 Rd. 6 Rd. 7 Rd. 8 合計
1 香港 saika159- S S 2411 2214 1826 5650 - - - 9548 19823
2 日本 CLS63AMG-sc S S 2713 2340 2247 5919 1703 2347 2474 8709 19815
3 日本 JUN-_-JEEEEN S S 2562 2524 2395 3229 2413 - - 11226 19541
4 日本 yamado_racing38 S S 2110 2157 2520 4574 2135 - - 9967 19218
5 日本 minamiya95 S S 1869 1618 2529 5112 2271 2196 0 9129 19041
6 日本 Kerokkuma_ej20 S S 1865 2562 2528 - 2697 0 2199 10387 18174
7 日本 L-Shooter_RB26 S S 2425 - 2107 - 2555 - 2336 10806 18122
8 日本 Arrow21CG S S 2261 1789 1966 4843 1845 2209 2430 7871 17405
9 日本 calsonic1223 S S 1986 1930 1404 4305 2200 - 2061 8290 16856
10 ニュージーランド sidawg2 S S 808 2104 1591 4036 389 1104 2061 7032 15233

リストに戻る