GT

Please select your country / region

Close Window
GT SPORT Community
JP
トップライブレポートネイションズカップマニュファクチャラーシリーズカレンダーアーカイブ

リストに戻る

MANUFACTURER SERIES
ワールドシリーズ ラウンド1 - 興奮の幕開け。激闘を制したマニュファクチャラーは?
2021 シリーズ マニュファクチャラーシリーズ - ワールドシリーズ ラウンド1
2021.06.06

2021年6月6日、FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2021シリーズのワールドシリーズが、マニュファクチャラーシリーズ ラウンド1で幕を開けました。2021年は年間シーズンを2シーズンに分ける新たなフォーマットを採用。前半戦に当たるラウンド1とラウンド2には、昨シーズンのワールドファイナルで活躍したトップ選手が参戦します。シーズン1は、ラウンド1とラウンド2(それぞれ6月と7月に開催)に加えて、新たなイベントとなる「ワールドシリーズ Showdown」が開催されます。シーズン2では、ラウンド3とラウンド4がそれぞれ10月と11月に開催され、チャンピオン決定戦となるワールドファイナルが12月に開催されます。2021シーズンのレースフォーマット詳細は、FIA GT選手権開催概要をぜひご覧ください。

2021年シリーズ FIA GT選手権開催概要
今シーズンのレースフォーマットやスケジュール詳細はこちら

各ラウンドは1レースのみで構成され、ポイントを獲得できるのは上位3チームのみ(1位は3ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイント)。表彰台入りを果たすことが重要となります。昨シーズンはスバルがシリーズチャンピオンを手にしましたが、これまで連覇を成し遂げたマニュファクチャラーはまだありません。2021年は果たしてどのチームが王座を手にするのか、注目が集まります。

ラウンド 1
鈴鹿サーキット

2021年マニュファクチャラーシリーズ初戦の舞台は、日本の伝説的コース、鈴鹿サーキット。全12台の予選タイムは、トップから最後尾までがわずか1秒程度のタイム差の中に集中する白熱ぶり。決勝レースの熾烈な戦いを予感させます。

日本の國分諒汰選手(Akagi_1942mi)はマツダ RX-VISION GT3 CONCEPTでポールポジションを獲得、その後方2番手にはホンダ NSX Gr.3を駆るイタリアのヴァレリオ・ガロ選手(Williams_BRacer)がつけます。本レースではソフトとミディアムタイヤを1周以上使用することが義務づけられます。ドライバーの交代はなく、スタートドライバーが15周のレースを最後まで走り切ります。

ローリングスタート後、トップをキープしたまま第1コーナーを抜けたのはマツダ。それに、アンゲル・イノストローザ選手(チリ / YASHEAT_Loyrot)のポルシェ 911 RSR、マニュエル・トロンコソ選手(USA / RMS-mata-boy)のランボルギーニ ウラカン GT3が続きます。1周目終盤、ソフトタイヤを履いた上位3台が早くも後続との差を広げ始めます。ラップタイムに劣るミディアムタイヤへの交換前に、できる限りのリードを築く作戦です。

レース最初のアクションが起きたのは、鈴鹿名物130Rコーナー(ターン15)。ここで、ホンダがマツダを抜き首位に立ちます。3番手に上がったアウディ R8 LMSのヴィニシウス・ネト選手(ブラジル / Sparta_HellzFire)も、イノストローザ選手のポルシェ 911を懸命に押さえこむ走り。続く5番手は、ディフェンディングチャンピオンのスバル WRX Gr.3。宮園拓真選手(Kerokkuma_ej20)のドライブです。

ホンダ NSXのガロ選手がレースをリードする展開の中で迎えた5周目。カシオトライアングル(ターン17)を攻めすぎたガロ選手は、スピンからコースアウトを喫します。なんとか4位で復帰しますが、再びマツダに首位を奪われてしまいます。ホンダはこの周にピットイン。ドノバン・パーカー選手(USA / TX3_Cooper)のビートル、そしてスバルがそれに続き、最初のピットストップが行われました。

その後、マツダ RX-VISION GT3とすぐ後ろを走るランボルギーニ ウラカンの2台による首位争いが展開。3番手、ネト選手のアウディ R8 LMSに対して5秒のアドバンテージを築きます。

首位争いを演じるマツダ(國分諒汰選手)と、ランボルギーニ(マニュエル・トロンコソ選手)

レース中盤、トップはマツダ RX-VISION GT3。ここにランボルギーニ ウラカン、アウディ R8 LMSそしてフランスのアレクサンドル・ル選手(BFR_Mind)が駆るGT by シトロエンと続く展開です。8周目には、ランボルギーニとアウディがピットインし、3位と4位がスバル(宮園)とポルシェ(イノストローザ)に移ります。一方、トップの國分選手はピットタイミングを遅らせコース走行を続けるステイアウトを選択。後続に対し15秒のリードを築きます。

國分選手がピットに入ったのは10周目。ランボルギーニに0.5秒差まで迫られながらも、見事トップをキープしたままコースに復帰します。マツダ RX-VISION GT3、ランボルギーニ ウラカン、ポルシェ 911とスバルWRXの上位4台は、素晴らしいスキルと精神を見せ、あらゆるコーナーで接近戦を繰り広げていきます。

12周目の第17コーナーで、國分選手は先頭を走るプレッシャーからか、トロンコソ選手のランボルギーニにパスを許し首位を奪われてしまいます。さらにポルシェとスバルにも抜かれ、瞬く間に1位から4位へとポジションを落としてしまいます。

この混乱に好機を見出したのがイノストローザ選手。ポルシェ 911のタイヤ性能を最大限に活かし、13周目の第1コーナーでランボルギーニを抜き去ります。一方、マツダはスバルからポジションを奪い返し3位へと浮上。

13周目、ランボルギーニを抜き去りついにトップに躍り出たポルシェ。 ドライバーはアンゲル・イノストローザ選手

接戦の続く上位陣の中で2位をキープしていたマニュエル・トロンコソ選手とランボルギーニ ウラカンでしたが、最終ラップに試練が待っていました。第16コーナーでコントロールを失うと、そのまま単独スピンを喫し6位へと転落。チェッカーまでわずかふたつのコーナーを残すのみ、2ポイント獲得の2位フィニッシュを目前に捉えていたランボルギーニにとっては、悲劇的な幕引きとなりました。

ランボルギーニ ウラカン GT3とともに2位を走行していたマニュエル・トロンコソ選手は、最終ラップにまさかのスピン。惜しくもポイントを逃す

今シーズンのマニュファクチャラーシリーズ初優勝は、アンゲル・イノストローザ選手の見事な走りを見せたポルシェ。マツダを2位に導いたのが、果敢な姿勢が印象に残った國分諒汰選手です。ディフェンディングチャンピオンのスバル・宮園拓真選手が、3位で続く結果となりました。

2021 シリーズ マニュファクチャラーシリーズ - ワールドシリーズ ラウンド1
リザルト

Rank Manufacturer / Drivers Time
1 ポルシェ アンゲル・イノストローザ 29:55.714
2 マツダ 國分 諒汰 + 01.186
3 スバル 宮園 拓真 + 01.549
4 メルセデス・ベンツ ルーカス・ボネリ + 05.232
5 フォード 加藤 達彦 + 08.221
6 ランボルギーニ マニュエル・トロンコソ + 08.668
7 トヨタ アドリアーノ・カラッツァ + 11.295
8 フォルクスワーゲン ドノバン・パーカー + 11.508
9 ホンダ ヴァレリオ・ガロ + 12.967
10 シトロエン アレクサンドル・ル + 13.032
11 アウディ ヴィニシウス・ネト + 14.280
12 BMW ニコラス・ルビラー + 16.660
FIA-GT選手権 2021 | ワールドシリーズ ラウンド1
次世代のエースがワールドシリーズを席巻!
ワールドシリーズ ネイションズカップ ラウンド1 - わずか0.06秒差のトップチェッカー。手に汗握る2021シーズン開幕戦
2021年6月6日、FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2021シリーズのネイションズカップが開幕。初戦となる「...

リストに戻る