GT

Please select your country / region

Close Window
GT SPORT Community
JP
トップライブレポートネイションズカップマニュファクチャラーシリーズカレンダーアーカイブ

リストに戻る

MANUFACTURER SERIES
チームポルシェがマニュファクチャラーシリーズで初タイトル獲得!「ワールドツアー・東京」結果速報
ワールドツアー第5戦・東京
2019.10.27

10月26日、FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2019のマニュファクチャラーシリーズが第46回東京モーターショーのワールドツアー第5戦にて行われ、ポルシェ(アンゲル・イノストローザ / チリ、トリスタン・ベイリス / USA、マット・シモンズ / オーストラリア)が優勝し、同選手権でチーム初となるタイトルを獲得しました。

今大会のマニュファクチャラーシリーズは12チーム・36名の選手が、レース1とグランドファイナルの2レースを行い、総合獲得ポイント(グランドファイナルは獲得ポイント2倍)で争います。各レースではソフト、メディアム、ハードタイヤのタイヤ交換とドライバー交代が義務付けられます。また今回からはタイヤの最低周回義務が導入されました。

レース1では母国開催で実力者揃いのチームトヨタ(山中智瑛 / 日本、ライアン・デルッシュ / フランス、イゴール・フラガ / ブラジル)が会場に集まった多くの観客の声援を受けて1位でフィニッシュ。2位にポルシェ、3位にメルセデスベンツと続きます。

レース1の結果がそのままスターティンググリッドとなるグランドファイナルでは、ポールスタートのトヨタがソフトタイヤスタートで逃げ切りを狙います。一方ポルシェはミディアムタイヤを選択し、両者の戦略が分かれます。最終スティントでは単独1位で走行するトヨタの山中選手に、後方集団が徐々に接近。この局面でポルシェ最終ドライバーのアンゲル・イノストローザが、レースの「ドライバー・オブ・ザ・デイ」に選ばれるほどの好パフォーマンスを見せ、BMWさらにはトヨタをパスし1位でフィニッシュ。

このグランドファイナルレースでトヨタの獲得ポイントを上回った結果、チームポルシェが優勝を手にしました。巧みな戦略と新たなエースドライバーの登場がハイライトとなった同チームは、いよいよ来月に開催を迎えるモナコでの「ワールドファイナル」に向けて大きな自信を得ました。2位はチームBMW(コケ・ロペス / スペイン、ニコラス・ルビラー / チリ、ランドール・ヘイウッド / USA)。チームトヨタはファイナルレースで十分なポテンシャルを発揮できなかったものの、総合3位に入賞しました。

ワールドツアー第5戦・東京
マニュファクチャラーシリーズ リザルト

RANK MANUFACTURER / DRIVERS RACE 1 グランドファイナル TOTAL POINTS
1 ポルシェ アンゲル・イノストローザ / トリスタン・ベイリス / マット・シモンズ 10 24 34
2 BMW コケ ロペス / ニコラス・ルビラー / ランドール・ヘイウッド 7 20 27
3 トヨタ 山中 智瑛 / ライアン・デルッシュ / イゴール・フラガ 12 12 24
4 アウディ ハイデン・ハンター / マーティン・グレディ / 加藤 達彦 6 16 22
5 メルセデス・ベンツ コディー・ニコラ・ラトコフスキ / トム・ラテル / アンソニー・フェリックス 8 14 22
6 フォード アダム・ウィルク / アーメン・アルカハム / アダム・タペイ 5 10 15
7 ジャガー ケニー・コノモス / ヴィニシウス・ネト / フローリアン・パガンテ 4 6 10
8 アルファロメオ ダニエル・ソリス / アロンソ・レガラード / 吉田 匠吾 0 8 8
9 アストンマーティン 滝田 歩夢 / ニック・マクミレン / ジェイ・ウォン 2 4 6
10 シボレー マシュー・マキューエン / ニコラス・シュヴェンディマン / ラウル・アギラール 3 0 3
11 ヒュンダイ ケビン・パウンダー / アンソニー・デュヴァル / コナー・ヘリー 0 2 2
12 レクサス アドリアーノ・カラッツァ / アンドリュー・ブルックス / バティス・ボボア 1 0 1

リストに戻る