GT

Please select your country / region

Close Window
GT SPORT Community
JP
トップライブレポートネイションズカップマニュファクチャラーシリーズカレンダーアーカイブ

リストに戻る

NATIONS CUP
ブラジル代表イゴール・フラガ選手が「ワールドツアー ニューヨーク」でネイションズカップ二連覇を達成
ワールドツアー第3戦・ニューヨーク
2019.08.26

アメリカ・ニューヨークにて開催された「ワールドツアー第3戦・ニューヨーク」。8月26日には「ネイションズカップ」が行われ、ブラジル代表のイゴール・フラガ選手が優勝を手にし、ワールドツアーのネイションズカップで2連覇を達成しました。

パリ、ニュルブルクリンクを経て迎えた2019年シーズンのワールドツアー第3戦は舞台をニューヨークに移し、15の国・地域から24名のネイションズカップ出場選手がタイムズスクエア内のベニュー「プレイステーション・シアター」に集結しました。

トップ6予選

準決勝の上位グリッドを決めるトップ6予選タイムアタックでは、ドイツ代表ミカイル・ヒザル選手がトップタイムをマーク。次点はブラジル代表イゴール・フラガ選手で、それぞれ準決勝グループA・Bのポールポジションを獲得します。

準決勝グループA

国別のリバリーを施された「フィッティパルディ EF7」を使用した準決勝グルーブA。ヒザル選手、オーストラリア代表コディー・ニコラ・ラトコフスキー選手、ハンガリー代表パトリック・ブラザン選手、日本代表宮園拓真選手、そしてスペイン代表コッキー・ロペス選手が決勝進出を決めます。

準決勝グループB

オートポリスのショートコースを17ラップする準決勝グループBでは、決勝進出権をかけて5台が絡むレースが繰り広げられ、この争いを冷静に抜けた日本代表國分諒汰選手が4位でフィニッシュ。フラガ選手、チリ代表ニコラス・ルビラー選手そしてフランス代表ライアン・デルィシュ選手とともに決勝進出を獲得しました。

敗者復活戦

敗者復活戦は、ダラーラ製「SF19 SUPER FORMURA/TOYOTA」でオーバルコースを周回するレース。過去の敗者復活戦を上回るスリリングな展開のなか、首位を明け渡さなかったスペイン代表マヌエル・ロドリゲスが勝利。またオーバルでの強さを見せた北米勢であるカナダ代表アンドリュー・ブルックス選手とアメリカ代表ダニエル・ソリス選手、さらに香港代表ジョナサン・ウォン選手が決勝への進出を勝ち取りました。

決勝

12名が出場するグランドファイナルの舞台は、将来のアップデートで『グランツーリスモSPORT』に追加予定のスパ・フランコルシャンサーキット。競技車両「レッドブル X2019 Competition」で20ラップするこのレースでは、ハード・ミディアム・ソフトタイヤ3種の使用・2ピットストップが義務付けられます。ポールスタートのフラガ選手はソフトタイヤを選択し、ミディアムでスタートしたヒザル選手、ラトコフスキー選手らを引き離しにかかります。

各選手のストラテジーが混じりあう本レースの序盤で大きな動きを見せたのが宮園選手。わずか1ラップでハードタイヤをミディアムに履きかえたあとは全開で走行。決勝で唯一の3ストップ戦略を持ち込み、首位グループへ仕掛けられるペースで周回を重ねますが、15ラップ目で単独スピンによりレーススピードへの復帰を図るラトコフスキー選手と衝突。宮園選手がコースオフにより失速、そしてラトコフスキー選手には10秒のペナルティが課されてしまいます。

さらに16ラップ目からはフラガ選手とヒザル選手による最終スティントでの対決が繰り広げられますが、17ラップ目にインシデントが発生。燃料をセーブしながら勝負を挑んでいたヒザル選手がこの後チャンスを失い、フラガ選手がそのままヒザル選手を引き離しトップでフィニッシュ。レース後の審議で危険行為があったとみなされ、フラガ選手に5秒のペナルティが下されます。しかし順位は覆ることなく、フラガ選手が今大会のネイションズカップ優勝を手にしました。

「ワールドツアー第3戦・ニューヨーク」ネイションズカップのウィナーはブラジル代表イゴール・フラガ選手。ネイションズカップ2連覇を成し遂げました。2位はドイツ代表のミカイル・ヒザル選手。前日のマニュファクチャラーシリーズでもチームスバルでドライバー・オブ・ザ・デイに輝くパフォーマンスを見せていた彼にとって、無念の2位であったと言えるでしょう。3位はスペイン代表コッキー・ロペス選手です。ニュルブルクリンク大会では優勝に一歩及びませんでしたが、本大会では正確なドライビングを続け、自身初の表彰台入りとなりました。

2019 ワールドツアー第3戦 ニューヨーク
ネイションズカップ リザルト

RANK DRIVER TIME
1 Igor Fraga IOF_RACING17 39:38.205
2 Mikail Hizal TRL_LIGHTNING +00.937
3 Coque López Williams_Coque14 +04.595
4 Takuma Miyazono Kerokkuma_ej20 +05.109
5 Ryota Kokubun Akagi_1942mi +12.943
6 Cody Nikola Latkovski Nik_Makozi +16.106
7 Jonathan Wong CAR_Saika +19.049
8 Andrew Brooks Turismo-Deafsun +19.279
9 Rayan Derrouiche RC_Miura +22.856
10 Nicolás Rubilar FT_NicoR +23.564
11 Daniel Solis CAR_Lamb +47.051
12 Manuel Rodríguez TRL_MANURODRY +--.---

次のワールドツアーはザルツブルク。9月13〜14日に開催

2019年シーズンの「ワールドツアー」は後半戦に突入し、第4戦は9月13日〜14日にかけてオーストリア・ザルツブルクの「レッドブル・ハンガー7」を舞台に開催されます。そして10月には東京モーターショーにて最終戦を控えるワールドツアー、今大会でも健闘を見せた日本人選手にも注目です!

関連リンク

「ワールドツアー ニューヨーク」でメルセデス・ベンツが総合優勝を獲得
ワールドツアー第3戦・ニューヨーク
「ワールドツアー第3戦・ニューヨーク」特設ページ
FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2019シリーズ

リストに戻る