GT

Please select your country / region

Close Window
GT SPORT Community
JP
トップライブレポートネイションズカップマニュファクチャラーシリーズカレンダーアーカイブ

リストに戻る

NATIONS CUP
ミカエル・ヒザル選手が栄光の
2019年ネイションズカップ・ワールドタイトルを獲得!
2019.11.25

モンテカルロ・モナコ(2019年11月24日):今週末の待望のメインイベント、ネイションズカップ・ファイナルが開催され、モナコのスポーティング・モンテカルロ・コンプレックスで2019年のFIA グランツーリスモ チャンピオンシップはフィナーレを迎えました。タイトル防衛チャンピオン・ブラジルのイゴール・フラガ選手不在のファイナルとなった今、ウンベルト・ボッチョーニの「空間における連続性の唯一の形態」の形を模したFIA GTトロフィーを持ち帰ると予想されるトップドライバーは、今週末素晴らしいスピードと安定を見せていたドイツのミカエル・ヒザル選手。しかし、オーストラリアのコディ・ニコラ・ラトコフスキー選手と日本の宮園拓真選手もこれを黙って見すごす気はないでしょう。

金曜日の総合予選では、18の国・地域から集まった36名のドライバーたちが12名のファイナリストに絞られました。日曜日はクオリファイに続き4本のレースを走り、勝者が決まります。フォーミュラ1のスターであるマックス・フェルスタッペンが観客席から見守るなか、ヒザル選手はモンツァ・サーキットでベストタイムを叩き出しポールポジションを獲得。ライバルたちにその本気度を見せつけました。続くは宮園選手、そしてフランスのバティス・ボボア選手が3位というオーダー。ラトコフスキー選手は最後までコースのリズムに乗りきれず、5位に。そして、選手たちはここから3本のレースでできるだけポイントを稼ぎ、ダブルポイントが付与されるグランドファイナルレースに挑みます。

ネイションズカップ・ファイナル・レース1

まずはMOTUL AUTECH GT-R ‘16を使った12周のレース。舞台となるのはオーバーテイクのチャンスが少ない高速サーキット、モンツァ・サーキット。ここではスリップストリームの使い方が重要で、先頭の車両はつねにリヤビューミラーを気にしないといけません。

金曜日のセミファイナルラウンドで宿敵のブラジル選手、イゴール・フラガ選手が消え去ったドイツのミカエル・ヒザルは、ポールポジションでスタート。このレースではミディアムとハードコンパウンドの使用義務があり、トップ4のヒザル選手、フランスのバティス・ボボア選手、日本の宮園拓真選手、ハンガリーのパトリック・ブラザン選手は柔らかいほうのタイヤでスタートすることを選択。ハードタイヤにチェンジする前に後続を引き離す戦略です。

グリーンフラッグが振られ、ヒザル選手がトップグループをすぐさま引き離しにかかります。ボボア選手は逆に早い段階でミスを犯し、0.5秒のペナルティが課されたおかげで宮園選手が2位に浮上。ブラザン選手もフランスの選手を追い抜き3位につき、ハードタイヤでスタートした後続はみるみる後退していきます。

トップ3のフォーメーションがリズムに乗るなか、宮園選手はヒザル選手を追いかけながらアグレッシブな動きを見せるブラザン選手からポジションを守らないといけないという挟み撃ちの対処に追われてしまいます。ブラザン選手は何度も追い抜きを見せかけることにより、宮園選手の視線をコーナーのエイペックスからずらし、ヒザル選手は各コーナーで僅かながらもその差を拡大していきます。

7周目にヒザル率いるトップグループがピットに入り、ハードタイヤにチェンジ。いっぽうで金曜日の敗者復活戦でドラマチックな復活を遂げたスペインのコケ・ロペス選手がターン1で勇敢なオーバーテイクに成功。結果、香港のジョナサン・ウォン選手がグラベルに突っ込むことに。これにより、オーストラリアのコディ・ニコラ・ラトコフスキー選手も順位を上げることに成功します。

8周目、ウォン選手とふたりのイタリア人ドライバー、ジョルジョ・マンガーノ選手とサルバトーレ・マラグリーノ選手が三つ巴の戦いに入り、マラグリーノ選手が7位に。そして驚くことにフランスのライアン・デルッシュ選手はさまざまなペナルティを受けて12位に転落してしまいます。

残り3周の時点で宮園選手が0.37秒という僅かな差でヒザルを追い回します。10周目、日本の宮園選手はヒザル選手をドラフトしようとするも、ヒザル選手はポジションを守りきります。そして突然、ブラザン選手が宮園選手のテールに出現。最終ラップでは3台ともかなり近い位置で戦っており、ブラザン選手は度々宮園選手の集中力を乱そうとしますが、宮園選手は2位のポジションを守りきります。ヒザル選手はなるべくして1位に。そしてボボア選手はレースの最終コーナー(パラボリカ)でリスキーな外側からのオーバーテイクを成功させ、最後の最後でハンガリーの選手から3位を奪い取りました。しかしこのしばらく後、ブラザン選手はフランス選手への復讐を果たすこととなります。

Rank Driver Time
1 Mikail Hizal TRL_LIGHTNING 20:07.771
2 Takuma Miyazono Kerokkuma_ej20 +00.352
3 Baptiste Beauvois Veloce_TsuTsu +01.129
4 Patrik Blazsán Williams_Fuvaros +01.142
5 Cody Nikola Latkovski Nik_Makozi +03.166
6 Coque López Williams_Coque14 +06.490
7 Salvatore Maraglino JIM_Pirata666_ +10.739
8 Daniel Solis CAR_Lamb +13.997
9 Giorgio Mangano Williams_Gio +14.257
10 Nicolás Rubilar FT_NicoR +14.959
11 Jonathan Wong CAR_Saika +15.290
12 Rayan Derrouiche Veloce_Miura +15.345

ネイションズカップファイナル・レース2

ネイションズカップ・ファイナルの第2レースのキーワードは「安定」。ダラーラSF19 SUPER FORMULA/TOYOTAを使ったスパ・フランコシャンのウェットコンディションレースでは、各選手が安定と安全を優先しました。通常542馬力を発生するこのパワフルなオープンホイールのレースマシンにはさらにオーバーテイクモードがあり、ターボチャージャー付のトヨタエンジンにプラス80馬力を発生させます。しかしながら、ウェットの滑りやすい路面でそれを発動させようとするドライバーはなかなかいません。

ポールスタートとなるドイツのミカイル・ヒザル選手は、また最初から後続を引き離すことに成功。彼の道を阻む者はなく、また、水しぶきに視界を妨げられないヒザル選手はなにかに取り憑かれたように速く、安定した走りを示し、大雨の中でもストレートでは300km/hに到達しながらレースをリード。

最後の2周の時点で、彼と後続の差はじつに5秒強。2位は日本の宮園拓真選手。ハイパワーなSF19のウェット走行はカミソリの上を走るようなもので、この時点ではもっと余裕をもった走りに徹する事も可能だったヒザル選手ながら、彼は爆走を止めることなく、どんどん後続とのギャップを開いていきました。

宮園選手は2位ポジションをキープし、フランスのバティス・ボボア選手は手堅く3位ポジションを維持。ハンガリーのパトリック・ブラザン選手が4位で、オーストリアの人気選手コディ・ニコラ・ラトコフスキー選手は5位。危険なコンディションのレースのなか、各ドライバーはレースを慎重に走りきるのみとなり、各自のポイント順位をより確立するだけの第2レースとなりました。

Rank Driver Time
1 Mikail Hizal TRL_LIGHTNING 18:34.974
2 Takuma Miyazono Kerokkuma_ej20 +06.228
3 Baptiste Beauvois Veloce_TsuTsu +07.678
4 Patrik Blazsán Williams_Fuvaros +09.121
5 Cody Nikola Latkovski Nik_Makozi +11.197
6 Coque López Williams_Coque14 +13.479
7 Salvatore Maraglino JIM_Pirata666_ +15.956
8 Daniel Solis CAR_Lamb +18.278
9 Nicolás Rubilar FT_NicoR +19.490
10 Giorgio Mangano Williams_Gio +22.458
11 Jonathan Wong CAR_Saika +23.829
12 Rayan Derrouiche Veloce_Miura +24.910

ネイションズカップファイナル・レース3

2019年のネイションズカップファイナルの3本目のレースは、サルト・サーキット。伝説的なル・マン24時間レースの本拠地で開催されました。そしてレースの主役は、ル・マンを想定してデザインされたマツダLM55ビジョングランツーリスモ。広島のマツダによるリアルでの1991年の衝撃的なル・マン勝利にインスピレーションを受けた車両です。現在でもこの過酷な耐久レースを勝利したロータリーエンジン車はマツダの787Bだけです。

ネイションズカップファイナルの3本目のレースは、ミディアムとハードタイヤの使用が義務づけられ、6周で1回の燃料給油が必要となります。ハンガリーのパトリック・ブラザン選手以外はハードタイヤでスタートし、彼は序盤でほかのドライバーのピットストップまでに順位を稼ぐ戦略でスタート。グリーンフラッグが振られたとたん、コース上のアクションは全開に。日本の宮園拓真選手がリーダーのミカイル・ヒザル選手(ドイツ)を最初のコーナー群でオーバーテイク。しかしそれは長く続かず、ミュルサンヌのストレートでスリップストリームについたヒザル選手が宮園選手を抜き返します。

フランスのバティス・ボボア選手はストレートの終わりでヒザル選手と宮園選手の両方を抜くものの、より良いラインに乗ったヒザル選手がコーナーの脱出速度で勝っており、トップの座を取り返します。宮園選手とボボア選手は2位ポジションを争うも、アグレッシブすぎる動きをした宮園選手がフランスのドライバーをコースから押し出してしまいます。結果、宮薗選手は4秒という大きなペナルティを受け、最下位に落ちてしまい、彼はこのミスから復活することなくレースを終えてしまいました。これにより、オーストラリアのコディ・ニコラ・ラトコフスキー選手が2位に滑り込む展開に。しかし、これらはまだ1周目のできごとです。

2周目、新しいヘアスタイルが話題のスペイン選手、コケ・ロペス選手がスタートの6位から2位までポジションアップ。ラップの終わりにはブラザン選手以外のドライバーがピットに入り、ミディアムタイヤに変更。しかし、ブラザン選手のミディアムで長く走るという戦略は成功せず、彼は後続とのギャップを稼ぐことができません。ピットに入り、ハードタイヤにチェンジしたブラザン選手は残念な4位というポジションでコースに復帰することになります。

いっぽうでロペス選手がペナルティを受け、ラトコフスキー選手がミュルサンヌで2位のポジションに復帰。最終ラップではラトコフスキー選手とロペス選手が激しいドッグファイトを繰り広げた結果、ヒザル選手がフリーの状態でゴール。

3レースで3回の勝利を挙げたヒザル選手は、ほぼ世界タイトルを手にしたようなものでした。宮園選手は粘り強く順位を取り戻し、7位でフィニッシュを果たし、総合2位のポジションをキープ。ビュボワ選手を抑えたラトコフスキー選手は3位を維持し、ロペス選手は5位でフィニッシュ。そして、いよいよグランドファイナルへ。

Rank Driver Time
1 Mikail Hizal TRL_LIGHTNING 19:05.831
2 Cody Nikola Latkovski Nik_Makozi +05.974
3 Coque López Williams_Coque14 +07.130
4 Rayan Derrouiche Veloce_Miura +07.681
5 Baptiste Beauvois Veloce_TsuTsu +08.323
6 Giorgio Mangano Williams_Gio +08.935
7 Takuma Miyazono Kerokkuma_ej20 +11.034
8 Daniel Solis CAR_Lamb +12.161
9 Jonathan Wong CAR_Saika +13.788
10 Patrik Blazsán Williams_Fuvaros +15.730
11 Salvatore Maraglino JIM_Pirata666_ +17.833
12 Nicolás Rubilar FT_NicoR +20.489

ネイションズカップ・グランドファイナル

2019年FIA GTチャンピオンシップのグランドファイナルレースは、ブラジルのインテルラゴスサーキットで開催。レッドブル X2019 COMPETITIONで22周のレースを走り、2019年のワールドファイナル・チャンピオンを決定します。
最初の3本のレースと違い、このレースでは各選手が全3タイプのタイヤコンパウンドをそれぞれ6周使用する義務があり、そのため最低でもピットストップを2回行う必要があります。上位のドライバーはほとんどがミディアムコンパウンドのタイヤでスタートするなか、ポールポジションのヒザル選手はソフトタイヤを選択。彼は序盤で後続を引き離し、ゴールまでのリードタイムを稼ぐ戦略に出たのです。

グリーンフラッグが振られ、ヒザル選手がターン1を先導。もしかしたらその活躍ぶりが今週末最大のサプライズだったかもしれないアメリカのダニエル・ソリス選手は、仕掛けるのに時間をかけず、3周の間ソフトコンパウンドのタイヤをしっかりと使って8位から3位まで浮上。

4周目、戦略が完璧に効いていたヒザル選手と後続との差は、じつに4秒。その後の数周は各ドライバーとも激しい攻防を展開。バティス・ボボア選手(フランス)と宮園拓真選手(日本)がスペインのコケ・ロペス選手をオーバーテイクし、それぞれ4位と5位につけたいっぽうで、ソリス選手は2位のコディ・ニコラ・ラトコフスキーを追いかけます。

8周目、ほとんどの中間グループが最初のピットに入るも、ソフトタイヤをできるだけ長く使いたいヒザル選手とソリス選手はそのまま走り続けます。ソフトとミディアムタイヤとのラップ差は約1秒。ラトコフスキー選手はソフトタイヤを最後まで温存することを選び、宮園選手とボボア選手はヒザル選手を追いかけるため全力投入。ヒザル選手はその次の周でミディアムタイヤに切り替えました。

2周後、タイヤ差を生かしたボボア選手がミディアムタイヤに変えたソリス選手を射程圏内にし、高速のアルキバンカーダコーナーでオーバーテイク。ワールドファイナルの表彰台になんとかのぼりたい宮園選手も追従し、ターン4でソリス選手にブレーキ勝負に挑み、4ポジションアップの3位まで浮上することに成功します。いっぽうでラトコフスキー選手はハードタイヤでどんどん順位を落とし、7位まで後退する展開に。

多くのドライバーは13周目に最後のピットストップを行いました。ソフトタイヤをここまでセーブしてきたドライバーはそれを生かすべく行動に出ます。香港のジョナサン・ウォン選手はソリス選手を追い越して5位に、そしてラトコフスキー選手は宮園選手とボボア選手をゴボウ抜きにし、2位までポジションアップ。さあ、残りのラップ数でコディ・ラトコフスキー選手はヒザル選手に追いつくことができるのでしょうか? すでにヒザル選手は、この時点で2位と8秒もの差をつけていました。

宮園選手はこのレースの表彰台だけでなく、ワールドファイナルの表彰台の可能性がかかった3位にしがみつこうとします。しかし、最後にハードタイヤを選んだ戦略が仇となり、同じく3位だとワールドファイナルの表彰台の可能性が出てくるボボア選手に最終ラップで追い越されてしまいました。しかし、そこでどこからともなく現れたのはミディアムタイヤを履いたハンガリーのパトリック・ブラザン選手。ターン9でフランスのボボア選手をパスし、彼を4位に叩き落すことにより、総合の表彰台からも引きずり落とし、宮園選手にその権利を移すことに。ブラザン選手が初日の屈辱を晴らす展開となりました。

ここでのトップストーリーはヒザル選手。ワールドファイナルで完封勝利をあげ、ほぼすべてのラップをトップで完走し、最高得点となる66点でワールドファイナルを終えた彼は、2位のラトコフスキー選手と12ポイントの差で余裕の勝利。ラトコフスキー選手は今回いつものキレを見せられなかったものの、バーチャルレーサーのエリートのひとりであることを証明しました。

常にクールなヒザル選手は、ネイションズカップのトロフィーを受け取ったのち、こう話しています:「正直なところ、ホッとしたという感じです。学業に専念する必要があるので、今回のワールドファイナルは僕が参戦できる最後のワールドファイナルになるかもしれません。勉強のためまた戻ってこれないかもしれないからこそ、今年はベストを尽くす必要がありました。今日はミスが許されないのですごく緊張しましたが、すべてが本当にうまくいって、信じられないです。僕の今年の目標だったので、達成できてすごく嬉しいです。」

2位のラトコフスキー選手:「結果にはすごく満足です。僕のクオリファイは望んでいたほどうまくいかなかったのですが、安全を取り、スマートに走るようにしました。正しい判断をできた気がしますし、クリーンに走れたと思うので、それがいちばん重要だと思っています。残念ながらミック(ヒザル)には追いつけませんでしたが、今年は彼の年でした。彼とは2013年から走っていますけど、本当にすごいやつで素晴らしいドライバーです。彼の友達であることが誇らしいです。」

表彰台の最後のポジションである宮園拓真選手はレース後にこうコメントしている:「このステージに立ててすごく嬉しかったですが、サルトのコースで失敗してしまい、チャンスを逃したのは残念でした。成功するにはまだまだ速くなる必要があると感じていますし、バトル中はどこで引いて、どこでアタックするかをもっと勉強する必要があります。来年にはもっとそのあたりを磨いてより良いドライバーになって帰ってきます。」

Rank Driver Time
1 Mikail Hizal TRL_LIGHTNING 29:20.343
2 Cody Nikola Latkovski Nik_Makozi +04.862
3 Patrik Blazsán Williams_Fuvaros +10.328
4 Baptiste Beauvois Veloce_TsuTsu +10.442
5 Takuma Miyazono Kerokkuma_ej20 +13.322
6 Rayan Derrouiche Veloce_Miura +17.022
7 Jonathan Wong CAR_Saika +17.054
8 Salvatore Maraglino JIM_Pirata666_ +17.421
9 Coque López Williams_Coque14 +19.450
10 Giorgio Mangano Williams_Gio +21.728
11 Daniel Solis CAR_Lamb +24.017
12 Nicolás Rubilar FT_NicoR +31.824
Rank Driver Semi-Final Race 1 Race 2 Race 3 Grand Final Total Points
1 Mikail Hizal TRL_LIGHTNING 6 12 12 12 24 66
2 Cody Nikola Latkovski Nik_Makozi 6 6 6 10 20 48
3 Takuma Miyazono Kerokkuma_ej20 6 10 10 4 12 42
4 Baptiste Beauvois Veloce_TsuTsu 5 8 8 6 14 41
5 Patrik Blazsán Williams_Fuvaros 4 7 7 1 16 35
6 Coque López Williams_Coque14 1 5 5 8 4 23
7 Rayan Derrouiche Veloce_Miura 4 0 0 7 10 21
8 Salvatore Maraglino JIM_Pirata666_ 2 4 4 0 6 16
9 Jonathan Wong CAR_Saika 5 0 0 2 8 15
10 Giorgio Mangano Williams_Gio 5 2 1 5 2 15
11 Daniel Solis CAR_Lamb 3 3 3 3 0 12
12 Nicolás Rubilar FT_NicoR 4 1 2 0 0 7
FIA-GT選手権 2019 | ネイションズカップ | ワールドファイナル | 決勝
世界最速GTドライバーの栄誉は果たして誰の手に?

リストに戻る