Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP

プジョー ビジョン グランツーリスモ

プジョー ビジョン グランツーリスモ
Originally released in Gran Turismo 6 on June 1, 2015

Video(s)

Gallery

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Car Description

プジョーのデザイナーチームとプジョー スポールのエンジニアチーム。この才気に満ちた集団がひとつとなり、1台のプロトタイプマシンを生み出した。それがプジョー ビジョン グランツーリスモだ。
「グランツーリスモ」シリーズ発売15周年を記念し、「グランツーリスモ」ファンのために作られたこのレーシングカーは、効率を極限まで追求する耐久レース用マシンから多くの知見を得て開発された。奇抜とも思えるマシンのエクステリアには空力的な付加物がほとんどない。マシンを路面に押し付けるダウンフォースは、車高わずか1.04 mという地を這うようなボディ自体が生み出す。あたかも削り出されたひとつの金属塊が空気を操るような佇まいは、他の一切のスポーツカーと一線を画す崇高さを宿している。
プジョー ビジョン グランツーリスモはひたすら「走ること」にフォーカスしたマシンだ。ドライバーの背後にミッドマウントされるのは、875 ch(887 PS)という途方もないパワーを生み出す3.2LのV6ターボエンジン。この怒涛のパワーは6速機械式トランスミッションを介して4輪へと伝えられる。ホイールはフロント22インチ、リア23インチというビッグサイズだ。
ライバルとの熾烈なバトルを戦い抜くためのセッティングにも抜かりはない。875 kgと極限まで削り取られた車重の前後配分は、フロント48%、リア52%という理想的なもの。この素性のよさは極めてダイレクトなステアリングによっていっそう引き立てられる。1 kg/ch(1 kg/PS)というパワーウェイトレシオは他車を圧倒する強烈なものだが、ストッピングパワーも尋常ではない。フロント380 mm(15インチ)、リア337 mm(13インチ)というカーボン製ベンチレーテッドディスクが、大地をねじ伏せるような制動力を生み出す。
世界中のサーキットで栄冠を欲しいままにしてきたプジョー スポール。さあ、その勝利の歴史に名を刻む準備はもうできただろうか。

Related Links