2016年05月21日

マニュファクチャラーファンカップ決勝レース詳報

FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ プレシーズン テスト

MANUFACTURER FAN CUP

2016年5月19日(木)に開催された「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ プレシーズン テスト」マニュファクチャラーファンカップ決勝レースは16のメイクスが集結。全長20.832kmを誇るニュルブルクリンク ノルドシェライフェを舞台とした5周のスプリントレースで争われました。

決勝スターティンググリッド

1

Renault Sport

冨林 勇佑カルロス・マルティネス

Renault Sport R.S01 GT3

2

BMW

種市 悠士JT・ラウロ

BMW Z4 GT3

3

Alfa Romeo

高橋 拓也タイレル・メドウズ

Alfa Romeo 4C Gr.3

4

Audi

エドアルド・ピロージマチュー・ソーントン

Audi R8 LMS (Audi Sport Team WRT)

5

Ferrari

クリトファー・オーバーガード・リンドスコルドメルヴィン・アブラハム・ホーガン

Ferrari 458 Italia GT3

6

Toyota

オスカー・ルイズペドロ・マーティン

Toyota FT-1 Vision Gran Turismo

7

Nissan

パトリック・シュロデラスネストル・ハビエル・ガルシア

Nissan GT-R NISMO GT3 N24 Schulze Motorsport

8

Aston Martin

ルドビク・ベアスレガーファビオ・アスンソン

Aston Martin V12 Vantage GT3

9

Peugeot

サミュエレ・パレーラジェームズ・ガーナー

Peugeot Vision Gran Turismo Gr.3

10

Jaguar

トーマス・キーファーエドゥアルド・マルティンホ

Jaguar F-type Gr.3

11

Chevolet

トミー・ファン・デル・ドックニック・マクミラン

Corvette C7 Gr.3

12

Mitsubishi

アレクサンダー・コエベルレーブライアン・マーステラ

Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition Gr.3

13

Mercedes-Benz

シモーネ・マルセノーマルコス・デ・オリベイラ・マグイニ

Mercedes-Benz SLS AMG GT3

14

Volkswagen

アレッサンドロ・デ・アプリーレポール・ブロクムーレン

Volkswagen GTI Vision Gran Turisimo Gr.3

15

McLaren

パスカル・フールマンベン・ビショップ

McLaren 650S GT3

16

Subaru

ジョナサン・マルケブレック山田 和輝

Subaru WRX Gr.3


スタート直後にAudi(R8 LMS)が単独スピン。復帰する際に後続集団がそのアクシデントに巻き込まれ混乱が発生します。

フルコースコーション及びバーチャルセーフティーカーが発動され、全車速度を制限され追い越し禁止措置が取られました。全プレイヤーが走り慣れているニュルブルクリンクということもあってなのか、その後もいたるところで攻めすぎた走りに起因するクラッシュが発生し、フルコースコーションとリスタートを繰り返されます。

一方上位陣ではRenault Sport(R.S01 GT3)、BMW(Z4 - GT3)、Toyota (FT-1 Vision Gran Turismo)の3メイクスが後続を引き離しレースをリード。

BMW(Z4 - GT3)とToyota (FT-1 Vision Gran Turismo)の2位3位争いはテール・トゥ・ノーズのバトルを延々繰り広げます。

FIA GT3マシンと、グランツーリスモオリジナルのモディファイが施されたグループ3車両がコース上のあちこちでドッグファイトを繰り広げる、現実では不可能な夢のドリームバトルに世界中にモータースポーツファンが熱狂しました!

全車ドライバー交代を終えたタイミングでも上位3台に動きはなく、BMW(Z4 - GT3)とToyota (FT-1 Vision Gran Turismo)のつば迫り合いに決着が着きません。

最後尾からスタートしたSubaru(WRX Gr.3)は、山田選手にドライバー交代をしてから怒涛の勢いでポジションアップを果たします。しかしファイナルラップのカルッセルでアクシデントが発生。3位を走行していた 種市選手がドライブするBMW Z4 GT3をプッシング。まさかの日本人プレイヤーによる同士討ちに、観戦していた山内一典も思わず悲鳴をあげます。この接触を重くみたレースコントロールは、Subaru(WRX Gr.3)のフィニッシュタイムに10秒加算のペナルティーを与えました。『グランツーリスモSPORT』初のペナルティー処分を受け山田選手は種市選手に謝罪します。

最後の最後までもつれた2位争いは、ファイナルラップのクラネス・カルーセルで決着が着きます。Toyota (FT-1 Vision Gran Turismoがプレッシャーに負けたのか、わずかにグリーンにはみ出しスピン。その隙にBMW(Z4 - GT3)が2位のポジションを奪取します。

スタートから一度もトップを譲ることなく、荒れたレースを制したのはRenault Sport R.S01 GT3(冨林 勇佑/カルロス・マルティネス)。完全な勝利でマニュファクチャラーファンカップの栄光を手にしました。

FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ プレシーズン テスト
マニュファクチャラーファンカップ決勝リザルト

1

Renault Sport

冨林 勇佑カルロス・マルティネス

Renault Sport R.S01 GT3

2

BMW

種市 悠士JT・ラウロ

BMW Z4 GT3

3

Toyota

オスカー・ルイズペドロ・マーティン

Toyota FT-1 Vision Gran Turismo

4

Subaru

ジョナサン・マルケブレック山田 和輝 ※1

Subaru WRX Gr.3

5

Alfa Romeo

高橋 拓也タイレル・メドウズ

Alfa Romeo 4C Gr.3

6

Mitsubishi

アレクサンダー・コエベルレーブライアン・マーステラ

Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition Gr.3

DNF

Aston Martin

ルドビク・ベアスレガーファビオ・アスンソン

Aston Martin V12 Vantage GT3

DNF

Chevolet

トミー・ファン・デル・ドックニック・マクミラン

Corvette C7 Gr.3

DNF

Ferrari

クリトファー・オーバーガード・リンドスコルドメルヴィン・アブラハム・ホーガン

Ferrari 458 Italia GT3

DNF

Mercedes-Benz

シモーネ・マルセノーマルコス・デ・オリベイラ・マグイニ

Mercedes-Benz SLS AMG GT3

DNF

Nissan

パトリック・シュロデラスネストル・ハビエル・ガルシア

Nissan GT-R NISMO GT3 N24 Schulze Motorsport

DNF

Jaguar

トーマス・キーファーエドゥアルド・マルティンホ

Jaguar F-type Gr.3

DNF

Volkswagen

アレッサンドロ・デ・アプリーレポール・ブロクムーレン

Volkswagen – GTI Vision Gran Turisimo Gr.3

DNF

Peugeot

サミュエレ・パレーラジェームズ・ガーナー

Peugeot Vision Gran Turismo Gr.3

DNF

Audi

エドアルド・ピロージマチュー・ソーントン

Audi R8 LMS (Audi Sport Team WRT)

DNF

McLaren

パスカル・フールマンベン・ビショップ

McLaren 650S GT3

※1
2位でフィニッシュしたSubaru WRX Gr.3は山田選手がドライビング中に、5周目のカルーセルにて種市選手がドライブするBMW Z4 GT3をプッシングしたとして、フィニッシュタイムに10秒のペナルティーが加算され、最終リザルトは4位となりました。

※ 画面は開発中の英語版のものです。