グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

ゲームの進行に応じて届くチャールズ・マーチ伯爵からの招待状

毎年7月、イギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。このお祭りの会期中、会場となるマーチ伯爵邸の敷地に設営されるのが、このヒルクライムコースです。ストロー(藁)バリアで囲まれた素朴なコースですが、ここを走ることができるのは伯爵から招待を受けたセレブリティのみ。数々の一流ドライバーが息を呑むような名車を駆り、タイムトライアルに挑む檜舞台です。

今回ゲーム内で初めて誰でも走行が可能になりました。

1-1アルピーヌ A110 1600S '72
1-2KTM X-BOW R '12
1-3フェラーリ ディーノ 246 GT '71
2-1BMW 507 '57
2-2トヨタ 2000GT '67
2-3メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 '11
3-1アウディスポーツ クワトロ S1 ラリーカー '86
3-2アストンマーティン One-77 '11
3-3フォード GT40 Mark I '66
4-1アルファロメオ TZ3 ストラダーレ '11
4-2ランボルギーニ カウンタック LP400 '74
4-3ランチア ストラトス ラリーカー '77
5-1日産 GT-R ニスモ GT3 '13
5-2アウディ R18 TDI (Audi Sport Team Joest) '11
5-3グランツーリスモ レッドブル X2010 プロトタイプ
1-1 アルピーヌ A110 1600S '72
このクルマは、RR(リアエンジン・リアドライブ)レイアウトの強烈なトラクションと超軽量ボディで一時代を築いた名車。A110をベースにしたラリーカーは、数々のラリーで好成績を残しています。
1-2 KTM X-BOW R '12
X-BOWは、オーストリアのオートバイメーカー、KTMが手がけた一切の無駄を排除した2シータースポーツカー。シリーズ最高峰モデルである「R」は、790kgという軽量なボディと300馬力のエンジンを組み合わせたモンスター級の1台です。
4-1 アルファロメオ TZ3 ストラダーレ '11
'60年代に活躍したアルファロメオのレーシングカーをモチーフに、アルファロメオ創業100周年と、ボディを手がけるカロッツェリア、ザガート創業90周年を記念して開発されたスペシャルモデル。なんと世界で9台しか生産されないという、とても貴重なクルマです。

スペシャルイベント一覧

シエラタイムラリー

スペイン ロンダ地方をモデルにした初のオリジナルロングコース「サーキット・デ・ラ・シエラ」を舞台に、制限時間内にコース一周を目指します。

チェックポイント通過による制限時間延長、走行距離に応じたスコア追加、さらには他のクルマをオーバーテイクすることによるコンボレベルのアップなど、ポイントアップを目指すための楽しい仕掛けが用意されていますのでお楽しみください。

アイルトン・セナ・トリビュート

アイルトン・セナ没後20年の節目に、「グランツーリスモ」はアイルトン・セナの遺志を継いだ非営利団体「アイルトン・セナ財団」とのパートナーシップのもと、セナの生い立ちとモータースポーツのキャリアをたどるコンテンツ「アイルトン・セナ・トリビュート」を制作しました。

セナの人生を4つの時代に分け、数多くの写真、映像で彼の生涯を振り返りながら、セナがドライブしたマシンを駆り、イベントに挑みます。

月面探査

1971年7月、アポロ15号が月面に着陸し、ルナロービングビークル LRV-001を用いて行った船外活動を追体験する3つのミッションが収録されています。

地球のおよそ6分の1の重力を感じながら、独特の浮遊感を伴う月面ならではのドライブフィールをお楽しみください。

レッドブルXチャレンジ

「グランツーリスモ」と、レッドブル・レーシングの奇才エイドリアン・ニューイとのコラボレーションにより生まれた地上最速のレーシングカー、レッドブルX2010も2014年の最新モデルに進化。

『グランツーリスモ6』では、コンパクトなエントリーフォーミュラといえる「ジュニア」、コンベンショナルなサスペンションとエアロダイナミクスの「スタンダード」、アクティブサスペンションとファンカー構造によって究極のダウンフォースと速さを追求した...

※ 画面は開発中の英語版のものです。