Please select your country / region

Close Window
GT
イベントリポート

東京オートサロン 2016に「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデルが出展

マツダは2016年1月15日~17日にかけて幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2016」において、PlayStation®3専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』に収録されている「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデルを出展することを発表しました。

同フルスケールモデルは、2015年6月にイギリス・ウェストサセックス州で開催されたモータースポーツの祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」のモニュメントとして初公開され、大きな話題を集めたものです。東京オートサロン 2016のマツダブースでは、同イベントを紹介するコーナーも設けられ、世界の自動車文化やマツダの参加型モータースポーツについて知ることができます。

今回のマツダブースは「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」が体験できる『グランツーリスモ6』の試遊台の設置に加え、コンセプトカー「マツダ RX-VISION」や、市販車に専用デザインのエアロパーツなどを装着した「CX-3」「ロードスター」「アテンザ」のカスタマイズモデルの参考出品、更には2016年より世界の複数の地域で開催予定の「Global MX-5 Cup」レース仕様のロードスターも出展するなど、マツダファンには見逃せない内容となっています。