Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP

2016年GTアカデミー シーズンプレイバック

8回目を迎えた今年のGTアカデミー。日産のドライバーとしてデビューすることを目指して、何十万人ものグランツーリスモファンやプロドライバー志望者が参加し、大盛況のうちに幕を閉じました。

各国で行われたライブイベントでは、2017年に正式リリースが予定されているPlayStation®4用ソフトウェア「グランツーリスモSPORT」の特別プレリリース版を、沢山のゲーマーたちが初めて体験しました。

2016年の参加テリトリーは、オーストラリア、メキシコ、インドネシア、フィリピン、タイ、北アフリカ。国別予選で大勢の選手がふるいにかけられ、それを勝ち抜いた36人が夢を追い求めてイギリス・シルバーストンへと渡りました。

シルバーストンに到着した彼らを待っていたのは大きなサプライズです。それは、彼らの宿泊先がホテルではないということでした。選手たちは、テリトリーごとに用意された豪華な「ツアーバス」で、レースキャンプの期間中寝泊りをすることとなったのです。

イベントを取り仕切るのは例年通り、GTアカデミー創設以来のヘッドジャッジであるロブ・バーフ。さらに、メンター(指導者)として、千代勝正(オーストラリア担当)、リカルド・サンチェス(メキシコ担当)、ディアンドラ・ガウタマ(インドネシア担当)、ルーカス・オルドネス(フィリピン担当)、サンディ・ストゥヴィク(タイ担当)、タメール・バシール(北アフリカ担当)が参加しました。メンターたちの役割は、豊かなモータースポーツの経験をもとにレース初心者である参加者の成長を助け、レースキャンプ中にさまざまなハードな課題に遭遇する彼らをサポートすることにあります。

Head Judge: Rob Barff
Australia Thailand
Judge: Katsumasa Chiyo Judge: Sandy Stuvik
Chris McIvor Bradley Packham Danuwat Worakitichai Eakparin Thavornlumlert
Michael Pryor Steve Danielsen Kanokphan Wathanakitanan Manuttakon Scherer
Oscar Redfearn Keishi Ayukai Phureepat Poonperm Ponpon Naraipitak
Indonesia North Africa (Algeria, Egypt & Morocco)
Judge: Diandra Gautama Judge: Tamer Bashir
Mohammad Faiz Rayyan Catra Felder Mohamed Madaci Mohamed Wally
Raditya Indera Syahieza Mohammad Pandu W Hartanto Kamel Madaci Hassan Abulkhasab
Dwinanto Sukmono Ricko Boen Karim Teggar Oussama Benjelloun
Mexico Philippines
Judge: Ricardo Sanchez   Judge: Lucas Ordonez
Johnny Guindi Hamui Lorenzo Goicoechea Amieva Quattro Adriano Jan Millard Lacuna
Gonzalo Castro Gutierrez Enrique Rodriguez Manjarrez Kim Jigier Aquino Chong Mervin John Mallen
Gabriel Ortiz Vega Oscar Jaime Arrambide Richard Dean Jose

レースキャンプでの8日間、参加者たちはそれぞれの能力を徹底的に試されました。初日、ベッドフォード競技場に連れてこられた彼らは、アリエル・アトム、ケーターハム、そして日産370Zといったレースカーにいきなり乗せられてコースに放り込まれるという厳しい洗礼を受けました。以降も、サーキットでの非常に厳しい肉体テストや、1対1で行われる生き残りジムカーナ戦、ストックカーレース、さらには南ウェールズのペンダインサンド・ビーチでパワフルな日産GT-Rのハンドルを握り、多くの新記録が生まれるなど、濃密な1週間が過ぎていきました。


レースキャンプのフィナーレは、シルバーストーン・サーキットでのエキサイティングなレースでした。前年までは、各テリトリーから1人のファイナリストが選ばれていましたが、今年は16ラップの耐久レースに各テリトリーから2人の選手が参加しました。

レース開始直後、メキシコチームが先頭を切って第1コーナーに突入するものの、すぐに北アフリカのモハメド・ウォリーに捕まってしまいます。その後、彼は11ラップに渡って2位以下を大きく引き離しました。メキシコチームは早い段階でピットに入り、エンリケ・マンハレスからバトンを受け取ったジョニー・ギンディ・ハムイが、2ラップ後には最速ラップ記録を打ち立てます。北アフリカチームがピットインする頃にはメキシコチームがほぼ追いつき、ピットストップ後、両者は第1コーナーに横並びで突入しました。最終的にはメキシコチームのギンディがリードを握り、勝利の旗を手にしたのです。

長い協議の結果、2016年GTアカデミーのチャンピオンはギンディに決定しました。一貫したスピードと適応性、そしてレースキャンプ全体を通じて与えられたアドバイスに耳を傾け、それを実行に移す能力を評価されたのです。

チャンピオンの座を手に入れたギンディは、すぐにドライバー・デベロップメント・プログラムを開始し、その週末にはもう、イギリスのクラブレースに参加していました。2017年1月には、GTアカデミーの卒業生であるヤン・マーデンボロー(イギリス)、ロマン・サラザン(フランス)、そして同郷のリカルド・サンチェス(メキシコ)で構成されるチームの一員として、ドバイ24時間レースで国際デビューを飾る予定です。4人は、日産GTアカデミーチーム「RJN」の一員として、日産370Z GT4のハンドルを握ることとなるのです。