Please select your country / region

Close Window
GT
GT SPORT Community
JP

Romain Sarazin

2015 ヨーロッパ
ロマン・サラザン
誕生日:1994年5月14日
出身地:メイジュー、フランス
主な戦績
2015年日産プレイステーションGTアカデミー:ヨーロッパチャンピオン

Profile

ロマン・サラザンは、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われた感動的なレースキャンプに勝利し、2015年GTアカデミー ヨーロッパ大会チャンピオンに輝きました。

ロマンがモータースポーツと自動車に情熱を注ぐことになったきっかけは、フランスでラリーへの参戦資格が得られる選考会にチャレンジしたことでした。彼はドライビング試験で同じ目標を持つ700人の競争相手に競り勝ちはしたものの、運悪く最後の勝者とはなれませんでした。しかし彼は自らにドライビングの才能があることを悟り、以来その才能を活かしてモータースポーツの世界に飛び込むことに、あらゆる努力を払ってきたのです。

今年のヨーロッパ大会に応募した時、ロマンは経済学と経営学を学ぶ大学4年生でした。彼は両親といっしょに暮らし、休暇になるとクルマの購入資金と維持費を稼ぐため働いていました。大学を卒業したら彼はモータースポーツか自動車に関連する会社を起こし、レースに出る夢を叶えたいと考えていました。

ロマンは『グランツーリスモ6』で行われたオンライン予選を通じて、アブダビへの資格を勝ち取りました。8日間の選考で、彼は一貫して素晴らしいパフォーマンスを披露しました。焼け付くような暑さと次々と課される課題。そこでは、軍事訓練を模した競技やドラッグレース、市街地レース、サンドバギーによるトライアルなどが行われました。

こうした課題を通じてフランス代表の最後の2名に残ったロマンは、最終日前夜に行われたグランツーリスモを用いたオンライン予選で2番グリッドを勝ち取り、最終日に行われるファイナルレースのシートを手に入れました。ヤス・マリーナ・サーキットを舞台に、日産370Zレースカーを用いた8ラップで争われるファイナルレース。ロマンはグリーンシグナルに俊敏に反応して絶妙のスタートを切り、第1コーナーでポールポジションからスタートしたイギリス代表のイン側に飛び込みます。ここからはロマンの独壇場でした。チェッカーフラッグが降られるまで、彼はファステストラップを刻みながらリードを広げていきます。こうして2015年GTアカデミー ヨーロッパ大会の王冠は、ロマン・サラザンのものとなったのです。

以来ロマンは、イギリスのシルバーストンで行われている厳しいドライバー開発プログラムに参加し、レース技術の習得や体作り、プロフェッショナルレースに耐え得るための肉体的、精神的能力の向上に取り組んでいます。そして国際Cライセンスを取得すれば、ロマンはこの最初の1年が彼にどんなことをもたらすのか理解するでしょう。

今はまだ、ロマンの抱く「モータースポーツの最高位に立つ」という夢の始まりにすぎません。それは同時に、ル・マンやニュルブルクリンク24時間レースに挑んできたこれまでのGTアカデミーウィナーの足どりをたどることでもあるのです。