GTアカデミーについて
GTアカデミー2012レースキャンプ
GTアカデミー2012レースキャンプ

GTアカデミーはバーチャルとリアルを繋ぐ国際的なコンテスト。「グランツーリスモ」のトッププレイヤーに、本物のプロフェッショナルレースドライバーになる生涯一度のチャンスを与えようというものです。バーチャルの世界で腕前を証明したプレイヤーは日産のレーシングチームの一員となり、本物のレースカーで本物のサーキットを走り、国際レースを走るために必要な訓練とライセンスを取得するチャンスが与えられます。

2008年、ソニー・インタラクティブエンタテインメント・ヨーロッパ、日産ヨーロッパ、ポリフォニー・デジタルのコラボレーションから生まれたこのコンペティションは、世界中で話題を集め、2011年にはアメリカでも選考も始まりました。バーチャルからレースドライバーへの道のりは、PlayStation®Storeから専用タイトルをダウンロードする、または「グランツーリスモ」内に配信される専用オンラインイベントに参加することから始まります。指定された日産車を使った一連のオンラインタイムトライアルを通じてトッププレイヤーがランキングされ、何万人という参加者からオンライン予選通過者が選ばれます。彼らはナショナルファイナルに進み、特製コクピットを使った『グランツーリスモ5』で、ライブイベントを戦います。

ナショナルファイナルで勝ち残った参加者は最終ラウンドへ招待されます。最終ラウンドはイギリス・シルバーストンサーキットで開催。過酷なレースキャンプコンペティションに生き残らなければなりません。シルバーストンでは、「プレイステーション 3」でのバーチャルドライブから本物のスポーツカーに乗り換える必要があります。参加者は体力、スタミナ、精神力、ドライビングスキルを試されます。審査員たちは技術、モチベーション、情熱までを評価し、誰がプロのレースドライバーにふさわしいかを判断します。